612のインフォブログ

たなかれいこ が南青山で主宰する ”食のギャラリー612” のインフォメーションブログです

1006-1.jpg 1006-2.jpg

  6月のテーマ 
『初夏の献立のバランスの取り方』
---------------------------------------------------------------------------------

*献立
穴子の煮物
スナップえんどうのごま和え
玉ねぎ炒め
かぶの蒸し煮サラダ 梅酢ソース
ニラと小松菜のおひたし サラダ仕立て
もちあわ入り五分づきごはん


*使用した食材
穴子、ニンニク、しょうが、玉ねぎ、スナップえんどう、かぶ、ニラ、小松菜、昆布だし汁、海塩、生しぼり醤油、白いりごま、オリーブ油、葛粉、梅酢、白バルサミコ、アップルビネガー、五分搗き米、もちあわ

1006-side1.jpg 1006-side2.jpg 1006-side3.jpg

*教室メンバーからのご感想

6月のテーマは、「初夏の献立のバランスのとり方」でした。

今月は、「大皿で混ぜながらモリモリ楽しむ!」&「季節を上品に楽しむ!」と、612流をダブルで楽しみました。

大皿で混ぜながらモリモリ楽しんだのは、「玉ねぎ炒め」「ニラと小松菜のおひたしサラダ仕立て」「スナップえんどうのごま和え」そして「もちあわ入り五分づきごはん」。
一品ずつでも十分おいしいシンプルメニュー!これを混ぜることで一段とおいしさアップで大満足でした。
そして、青菜の茹で方、包丁の使い方、ごま和えの方法等も教えていただきました。

「玉ねぎ炒め」は、玉ねぎを炒めただけなのに、ものすごい満足感!立派なごちそう!これさえあれば安心!と確信の持てる味でした。

「ニラと小松菜のおひたし サラダ仕立て」は、ニラと小松菜を茹で、オリーブオイルでコーティングし、味付けをしたもの。
小松菜は1年を通して手に入れやすい野菜のひとつとのこと。茹でたニラと小松菜は冷水にとらずにオイルでコーティングしましたが、見事に鮮やかな緑色がキープされていました。世間とはちょっと違うれいこマジックに今回もまた感動!

「スナップえんどうのごま和え」は、612のごま和えの中でもweekday向きのごま和えとのこと。オリーブオイル、醤油、ごまでささっとごま和えに。スナップえんどうの他にも季節のお野菜でいろいろなごま和えが楽しめそうです!

季節を上品に楽しんだのは、「かぶの蒸し煮サラダ 梅酢ソース」と「穴子の煮物」。季節を味と見た目の両方から楽しむことができました。

「かぶの蒸し煮サラダ 梅酢ソース」は、サイコロ状に切ったかぶを蒸し煮にして冷まし、きれいなピンク色の梅酢ソースを添えていただきました。ガラスの器がとても素敵で、見た目も楽しむことができました。生のかぶはやや苦かったのですが、蒸し煮にすることでぐっと甘味が引き出されました。
夏には梅!以前のれいこさんのレクチャーを思い出しながらいただきました。また、涼しさを引き立てる梅酢ソースが実は身体を冷やさないための鍵になっているところが612ならではだと思います。

「穴子の煮物」は、ぷりぷり&うま味が凝縮された天然穴子のパワーを楽しみました。一口ごとに「おいしい!」と言わずにはいられませんでした。基本の切り方を守ることで、にんにくのうまみが引き出され、玉ねぎのえぐみが出ないというれいこさんの言葉を頭に浮かべながら包丁を動かしました。
その甲斐あってか?玉ねぎの素材の力か??生の玉ねぎが苦手…とおっしゃていた方も、この玉ねぎがあってこその味!と絶賛でした。

教室後すぐにシンプルメニューの「玉ねぎ炒め」と「ニラと小松菜のおひたし サラダ仕立て」を再現しました。
教室のメンバーも言っていましたが、れいこさんのメニューは日持ちします。多めに作ってれいこさん推奨のセコハンに!
とりあえずストックがあればお腹も心も一安心。素材の力不足か、火加減か…教室で食べた味の完全な再現とは行かなかったけれど、満足!満足でした。
れいこさんの小松菜メニューは今までもリピート率が高かったのですが、今回もリピート間違いなしです。


私にとって612は食生活をいろいろな角度からリセットしてくれる所。
その時によって感じることは違うけれど、大切なひと時。
れいこさんいつもありがとうございます。
7月の教室も楽しみにしています。

(A・A様)



1006-side4.jpg 1006-side5.jpg 1006-side6.jpg



*612食べ物教室の詳しいことはこちらから>>
*お試し受講はこんな感じです。>>  *お申し込みはこちらから>> 
13:53 |  trackback: -- | comment: -- | edit