612のインフォブログ

たなかれいこ が南青山で主宰する ”食のギャラリー612” のインフォメーションブログです

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

1004-1.jpg 1004-2.jpg

  4月のテーマ 
『筍一本から三品!』
---------------------------------------------------------------------------------

*献立
筍の煮物 葛ひき
筍と根菜のとりそぼろ
筍(姫皮)のごま和え
山うどのきんぴら佃煮風
もちあわ入り5分搗きごはん


*使用した食材
筍、厚揚げ、黒水菜、鶏むねひき肉、ごぼう、人参、れんこん、長ねぎ、しょうが、ニンニク、山うど、原木しいたけ、昆布(だしがら)、昆布だし汁、海塩、生しぼり醤油、かつおぶし、豆味噌、オリーブ油、黒すりごま、金ごま、なたね油、唐辛子、葛粉、五分搗き米、もちあわ

1004side1.jpg 1004side2.jpg 1004side3.jpg



*教室メンバーからのご感想

4月の食材”筍丸ごと”でした。
なぜかすごく心が高鳴りました。
どこまで皮をむくのかすごく知りたかったからです。
以前掘りたての筍をいただいて、私の生涯で一度だけ筍をゆでたことがあります。どこまで皮をむいたらよいのか 本当にわからなくて、すごーく小さな筍の中身があらわれたのを思い出しました。
すべてキチンと丸ごと筍を学べたのがうれしかったです。

スタートは既にゆであがっている筍の皮をむくところから教えていただきました。切れ目を入れて、むく、むく、むく、むく、まだむくのですか?まだまだむきました。途中でおいしそうなてっぺんのところの皮?ミルクのような汁とともにつまみ食い、おいしかったです。筍のお刺身のヨウでとてもミルキーでした。
献立は筍お三つのお料理に仕上げました。皮も使うなんて”すごい”

プラス 山ウドはきんぴらです。
私は本当にお料理の組み立てをする脳みそにかけているのでいつもメニューの組み立てに感動しています。いよいよ調理実習です。一番印象に残ったお料理、筍の中程と穂先を使った煮物くず引きは料亭の味です.昆布だしに鰹だし、具を入れ しっかりとしたおだしの味に少しお塩、そこで味見の時間です。関西人の私には、とってもおいしい懐かしいだしのきいたお味でした。いつも味見はおいしいです。そしてまだまだ寒かった4月、くずで寄せて味が濃縮され本当においしかったです。

盛りつけ 筍の皮に一品盛りつけます。そしてご飯はサニーレタスの上に。子供の頃よくサニーレタスにご飯を巻いて食べていたのをまたも思い出しました。

(M・B様)


*612食べ物教室の詳しいことはこちらから>>
*お試し受講はこんな感じです。>>  *お申し込みはこちらから>> 
02:40 |  trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。