612のインフォブログ

たなかれいこ が南青山で主宰する ”食のギャラリー612” のインフォメーションブログです

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

0910.jpg

 10月のテーマ 
『煮干しで上品な煮物のコツ』
---------------------------------------------------------------------------------

*献立
秋刀魚のソテー
さつま芋と小松菜の煮物
大根のえごま和え
じゃがいもの素揚げ
5分搗きごはん


*使用した食材
さんま、ニンニク、しょうが、ミニトマト、さつま芋、小松菜、大根、じゃがいも、イタリアンパセリ、揚げ、えごま、バルサミコ、生しぼり醤油、オリーブ油、昆布だし汁、煮干し、海塩、なたね油、5分搗き米

*教室メンバーからのご感想

どーんと、さんまを食べました。
しばらくベジタリアンをしていた時期がある私は、魚を食べるとき、基本的に切り身一切れ分くらしいか食べません。それで充分だと思っているし、それ以上は体が受け付けなくなってしまっているのです。なので、さんまは一匹というのはいつもより多い。そして、一匹食べると後でもたれてしまいます。
この日も、「半分食べて残りは持って帰ろう」と思っていたのに、一口食べてびっくり。いつも食べているものとは全然違う。全くしつこくない。先日、自宅で塩焼きにして一匹食べたときは、大根おろしたっぷり&レモンをダバダバかけても脂がきつくて、もたれたのに。でも、このさんまはオリーブオイルも結構使っているのに、それよりずっと軽い。そして、オリーブオイル+醤油+バルサミコ酢+にんにくの組み合わせは最高ですね。れいこさんの味付け加減も絶妙。すっごくおいしい。おいしい。と思っているうちに、結局ペロッと平らげてしまいました。
何が違うのか。さんまの鮮度と質の違い!?それがここまで出るとは・・・。

それから、芋もたっぷり食べました。
私はこれまたさつまいもでも胸焼けを起こしがちで、今回は結構な量があったので、ちょっと心配でした。でも、全く問題なし。さらに揚げたじゃがいもも食べたけど、これも大丈夫。
れいこさんが「いい芋はもたれないから、それも体験してみて」と言っていたのが、本当にその通りになりました。どっちの芋も相当おいしかったです。さつまいもはもちろんのこと、じゃがいもが甘いこと!

帰り道は、むしろ体がすっきりしていました。

612に通う前から、素材には結構気を使っていました。でも、正直人が言うほどの質の違いを感じられなかったりして、半信半疑のままなことも度々だったのです。
が、この日ほど素材の質が体に与える影響を実感した日はありません。一口食べて、ハッとするほどよくわかる。これはちょっとした、いや、大きな記念日かもしれません。

そして、これから自分がいかに本当に良い(おいしい)素材を選べるようになるか。目と舌を肥やし、実践あるのみですね。

(Y・S様)

*612食べ物教室の詳しいことはこちらから>>
*お試し受講はこんな感じです。>>  *お申し込みはこちらから>> 

15:10 |  trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。