612のインフォブログ

たなかれいこ が南青山で主宰する ”食のギャラリー612” のインフォメーションブログです

*このレポートは、2013年3月に開催しました
 「自分の体を見つめる講座」の体験レポートです。



年々冷え性がきつくなり、疲れが溜まるとアレルギーが出はじめる、そんな体を立て直したいと参加を決めました。
講座中の一日一食の生活は思っていたより苦ではなく、むしろ空腹感が心地よいと感じていました。
それも一日の終わりに頂く食事が本当に美味しくて、身体の満足感と心の満足感あったからではないかと思います。
講座中にあった大きな体の変化は排便です。
以前は1日、2日出ないのは普通の事、気が付けば1週間なんて事もありました。今思うと恐ろしいです。
10代から悩みの種だった便秘でしたが今では毎日でています。

もう一つの変化は食の好みの変化と体の声を感じられる様になった事です。

以前は珈琲とパンが大好きで、それらを口にしない日はほとんどありませんでした。
ご飯も食べていましたが、お茶碗にほんの少しで十分といった感じ。
ですが講座が終了してからは食の好みが一変しました。
とにかくご飯が美味しいのです(特にササニシキ系のお米。コシヒカリ系のお米を頂いた時にはいまいち食が進みませんでした。)
一食で茶碗に2杯は食べる様になりました。
不思議と珈琲やパンを欲しなくなっていきました。それも無理してではなく気が付けばといった感じです。

講座参加から1ヶ月近く経った時に外で食事をする機会がありました。
パンや珈琲、サラダ、ヨーグルト、フルーツジュース等といったメニューでした。
頂いてしばらくするととにかく寒い。どんどん寒くなってくる・・・。
最近は寒い日でも食事をすると体がぽかぽかする様になっていたのでこの反応には驚きました。身体は食べた物の影響を確実に受けるのだなと。
その日は便も出ませんでしたし、2,3日は心地よい排便を取り戻せなかったです。
以前も同じ様な反応は起きていたのでしょうが、気が付く事ができませんでした。
今は食べたい物、美味しいと思う物と体が喜ぶ物とが一致している感じがします。

この講座では自分の体を見つめるだけでなく、たくさんのきっかけを頂けました。
さまざまな食品の中から体が喜ぶ素材を選択するという事、選択する為に自分も学ばなければならない事、身体も心も喜ぶ料理を作るのが楽しい事・・・。

今までの食生活の影響は根深い様で今でもまだまだ冷えていますしアレルギーが出る事もあります、でも確実に和らいできていますしたくさんのきっかけを頂いたので、継続して612で学ばせて頂いた食を楽しんでいこうと思っています。

ありがとうございました。
18:51 |  trackback: -- | comment: -- | edit