612のインフォブログ

たなかれいこ が南青山で主宰する ”食のギャラリー612” のインフォメーションブログです

*このレポートは、2011年11月に開催しました
 「自分の体を見つめる講座」の体験レポートです。


れんこん・かぼちゃ・しめじ・小豆・・・。「自分のからだを見つめる講座」のごはんは、ほんとにおいしかった! そして、楽しく奥深い8日間でした。ダイエットや体にいいから・・、いつからか食を選ぶ基準がおかしくなっていたことに気がつきながら、忙しさや仕事のおつきあいをいいわけにどんどん深みにはまってしまったころみつけたのがこの講座でした。不思議と不安などは全くなく、これよ!という直感。

スタートして一日・二日とだんだん体が空腹状態に慣れ、三日目には頭がクリアになって、何だか穏やかに変わってきました。夜は毎日たっぷりのごはん。わぁ、食べられるかな・・・というくらいのたっぷりさでしたが、なんのなんの毎回完食。体と頭と心が満たされ、ぐっすり眠るのですから仕事をしながらの受講もなんなくこなせました。

このたっぷり夜ごはんは、体が食を欲していたことはもちろんなのですが、何といったらいいか、魔法のような深さがありました。子どものころ食べていたなぁとか懐かしいなぁとか、このおいしい野菜はどこで育ったのか、育てた方はどなたなのか・・・食べながらいろいろ想像するのです。そして、わたしもこんなごはんを作りたい!と、思うのです。

やはり、生きることは食べること、おいしいと感じる本物を食べることが大事、としみじみ実感しました。また、8日間一緒にチャレンジしたお仲間ができたことも大きな収穫となりました。これからの日本の食事情がどうなるのか、明るい未来とはいかないのかもしれませんが、自分で感じて自分で選んでたくさんの人と食を共にしたいなぁと思います。
れいこさん、ごはんを作ってくださったみなさま、ありがとうございました。


 
17:54 |  trackback: -- | comment: -- | edit