612のインフォブログ

たなかれいこ が南青山で主宰する ”食のギャラリー612” のインフォメーションブログです

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

*このレポートは、2011年3月に開催しました
 「自分の体を見つめる講座」の体験レポートです。


昨年夏過ぎから、仕事が立て込んだ関係で、家での食事ができず、夕食をコンビ
ニに頼る生活になりました。
それが長く続いたこともあって、年を越えるあたりには大分肉がつきまして、つ
いには冬物のスーツがすべて入らないという事態になりました。

前々かられいこさんに受講した方がいいと言われていたのですが、月々の教室で
行った人はいなくて効果はよくわからなかったし、料金がなかなか踏み切れるも
のではなかったことから、あまり検討していませんでした。
しかし、減量のため、妻からこの講座を受講してきなさいということで、受講し
ました。まあ、効果があるのであればと思って、急遽電話で申し込みました。

実際は、震災や原発後だったので、出歩きたくなかったし、月々の教室も地震直
後で延期だったので、これも延期かと思っていました。

行ってみてまずびっくりしたのが、朝・昼が食べられないと言うこと。だまされ
たーと思って、家にかえって妻に聞いたら、食べられないことは知らず、二人し
て何も知らずに申し込んでました。

始まって耐えられるかなと思っていたのですが、最初は身体が毒されているの
か、朝・昼抜いてもお腹空かないのですよ。
2~3日は夕食まで耐えられました。そのうち、段々とお腹が空いてきて、始まる
前の講義がつらく感じてきたので、あの頃から身体が変わりつつあったのかもし
れません。
ただ、教室の間は、美味しいものを食べてるってことしか思ってなくて、こんな
にも美味しい野菜料理があるんだーなんて、感動していました。
とくにレンコンのステーキは最高でした。

実際に身体が変わったんだってわかったのは、終わってからです。
家の食事に戻ったのですが、醤油(生活クラブ生協の国産丸大豆醤油)がまずく
感じました。味噌汁の野菜もにんじんが苦くて。会社の食堂に至っては、お茶す
ら飲めませんでした。
食堂はともかく、家の醤油もにんじんもそれほど悪いものではなかったのです
が、舌がわずか8日間で変わっていたのですね。
それから、教室の間にれいこさんが送ってきてくれた醤油に変えて、何とか食べ
られるようになりました。
調味料の大切さが身をもって感じられました。
そこで、醤油、味噌、はちみつ、ご飯を炊く鍋など急いで教室のものに取り替え
て今に至ります。
朝も、新生水・梅醤番茶・はちみつ一口の食事に変えました。

あれから、1ヶ月半ぐらいたちますが、体型はあまり変わらないですね。
昼も弁当にしてもらって、外食は行わないようにしています。
今年は、例年の5倍花粉症が飛んでいるらしいですが、あまり苦に感じませんで
した。
これも効果ですかね。

ただ、1ヶ月以上たつと舌も少しずつ戻ってくるのか、まずく感じたものが食べ
られるようになっています。
以前と違って、そのようなものをあまり積極的に食べたい・飲みたいと思わなく
なったのが収穫でしょうか。
この調子で行こうかなと思っています。

この教室に行ったことのない人に勧めるなら、月々の教室より短期間で効果が感
じられますね。

 
16:25 |  trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。