612のインフォブログ

たなかれいこ が南青山で主宰する ”食のギャラリー612” のインフォメーションブログです

'15.5月の食べ物教室 

612食べ物教室の献立 |

5月の食べ物教室レポートを更新しました。

↓ぜひ、ご覧下さい。 

月々の教室レポート




*ご入会のお申込みは随時行っております。
 まずは、お試し受講でぜひお越しくださいませ。
http://www.612co.net/612class-otameshi.htm


12:53 |  trackback: -- | comment: -- | edit



お申込み受付終了しました(5/27)

info-hatake15061.jpg


今年の蓼科は、春からいっきに昼は夏のようになりました。

自然まかせの畑もいつもより少し早く種蒔きをしなければなりませんが
この早い夏の感じが続くとは限らず悩ましいところです。

そして、悩ましいといえば、天候のことばかりではなく
動物たちとの関わりもあります。

例年以上に鹿の数が増え、612ファームじゅう、いたる所に鹿のフンが
落ちています。無肥料栽培の畑なので、うれしくない落ち物です。

そして、鹿はなんでも食べてしまうのです。
チューリップが150株ほどあり、5月にはその花で賑やかになるはずが、
今年はたった4つしか花がありません。鹿がチューリップの葉を
食べてしまったのです。そして、ニラも。

春はニラのシーズンですが、上の柔らかいところを食べてしまいました。
5月に皆で蒔いた花豆もこの先どうなるか心配。

でもとにかく、種を蒔かなければ育ちもしないので、6月の「畑の教室」
では、とうもろこしの種を蒔きます。草ものびてくるので、草刈りもします

鹿や美味しく実ったとうもろこしを食べる狸、豆を食べるカラス、
いろいろな動物たちが612の畑に訪れます
彼らも食べて生きていくことはあたりまえの営みです。
どうやって彼らと折り合いをつけていくか今後の課題ではありますが。

野菜が収穫できなくても、612ファームでみんなでちょっと汗を流し
ごはんを美味しく食べられたら、それでいいかなぁと思います。

梅雨前の蓼科高原で、美味しい気持ちの良い2日を過ごしませんか。

2日目の「森の教室」は、畑とまたちがった自然とのふれあいがあります。


たなか れいこ




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

612FarmmingClub「畑と森のたべもの教室」とは… click!


開催日:6月6日(土)11:00~17:30(頃)
      6月7日(日) 7:00~14:30(頃)


*タイムテーブル* だいたいの目安です。予定は変更になる場合があります。
(1日目)
11:00 畑に集合、さっそくブランチタイム
12:00 ファーミング作業
13:00 ソーダブレッドでおやつ
14:00 みんなでごはん作り&Supperをたっぷり食べます
16:30 後片付け
17:30 解散(夏は明るいのでゆっくりです)

(2日目)
7:00 森に集合、お湯を飲んでお腹をあたためます
7:30 軽い体操、そして森から里へ1時間程散歩
9:00 朝粥です
10:00 森での作業
11:00 みんなでごはん作り&お昼ごはん
13:30 後片付け
14:30 解散


場所:<6日(土)>蓼科612ファーム・<7日(日)>森のコレカラハウス(茅野市北山)
    現地集合・現地解散・雨天決行

参加費(1名様分料金・税別)
  2日間    ¥17,500(一般)/¥17,000(メンバー)
  土曜のみの方 ¥11,500(一般)/¥11,000(メンバー)

*612教室メンバー、612コレクションメンバー、その同行されるご家族・ご友人はメンバー価格となります。
*お子さまのご参加料金は、1~3才未満50%、3才以上未就学児 80%、小学生以上は100%です


ご参加費には、食事、デザート、お茶、おやつなども含まれます。

アルコール・飲み物・水は各自ご持参下さい。

定員:20名(両日共最少遂行人員5名)


申し込みフォームへ お申込み締切:5月27日(水)


ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。



畑と森のたべもの教室の様子です。




上の画像が表示されない方はこちら click!


次回の開催は、8月1日(土)・2日(日)です。
-- 交通のご案内 --
22:37 |  trackback: -- | comment: -- | edit



受付終了しました。

RIMG3484 (640x478)


体 が あ た た ま る と 
人 生 が 変 わ り ま す



「梅雨前の今があたためタイミング」


梅雨前の今、「あたため」が出来ると自律神経も働き、
温度や夏の暑さに体が対応できるようになり楽に過ごせます。




「冷え」 を甘く見ていたり、「冷え」 ていることの自覚がない人でも

確実に「冷え」の影響は受けています。


たとえば…

気持ちが落ち着かなかったり、ちょっとしたことでもストレスを感じたり、
周りの人とうまくコミュニケーションがとれなかったり…


という心模様「冷え」は表れます。


また、身体では

頭痛、便秘、下痢、肩コリ、自律神経失調症、ひん尿、疲れやすい、
アレルギー、肌荒れ、不眠、腰痛、婦人科系疾患(生理不順・
子宮筋腫・卵巣のう腫・不妊症等)などから、もっと重大なガンなど


「冷え」関係しています。



現代では、
普通に暮していると「冷え」ない方が不思議なくらい
「冷え」の要因 が、食べ物や生活周りにいっぱいです。

あなたの 生活周りの「冷え」要因を認識し
その対策を取ったり、
食べ物で身体の中、内臓からあたためてあげると、

どんどん体調や気持ちが良い方向に向かいます。


そして大げさではなく
体があたたまると人生が変わります。



薬にたよらず、健康に元気に を 目指している方はぜひ、この機会に受講して下さい。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開催日時(3日間集中講座)

5月29日(金)19:00~21:30 ゆっくり食事
  3日間の講座のスタートは、まず食べ物で体をととのえ、後の2日間に繋げる食事をします。
  レストランの様に、あたため料理を食べるだけ。

5月30日(土)14:00~18:00 レクチャー&実習、ゆっくり食事
  「冷え」の要因についてのレクチャー、そして実際に料理をつくる実習をすることで、
  より理解が深まり、日常で簡単にあたため料理ができる様になります。

5月31日(日)14:00~18:00 レクチャー&実習、ゆっくり食事
   受講される方お一人お一人の「冷え」の要因を探り、普段の生活に役立つアドバイスを交えます。


講座のポイント

・レクチャーで冷えとあたための基礎知識を学んでいきます。
・実際にあたため料理を実習、調理します。
・実際に食べて、体の深部からあたたまるのを実感していただきます。




講座費用

¥43,500/3日間 (税別・入会金不要)

 *講座費用には、受講料の他、食材・調味料・水等、調理に必要な費用一式が含まれます。
 *講座で使用します野菜は無農薬無肥料栽培のものを基本に、
  その他使用します全ての食材は厳選された物を使用します。



定員:8名

  *最近は、顔や頭に大汗をかく 男性の かくれ冷えの方も多い様です。男性の受講も大歓迎です。



場所

南青山7-9-3 食のギャラリー612 地図



申し込みフォームへ お申込み受付中



「たべるクリニック」 とは・・・

私たちの体は、食べ物や食べ方をちょっと工夫すると、
その瞬間からどんどん 良い方向=自然治癒力 に向かいます。

しかし、今日では、ただ 漫然と食べ物を選んでいたり
又、知識だけで食べ物を選んでいると
本来の私たちの体、生理に合わないことがあります。


貧血気味で検査したところ…
『数値的に鉄分が足りないから、レバーやほうれん草を食べよう』

というのは…

一見、薬にたよっていない様ですが
私たちの体のとらえ方としては、
どこが悪いから、それにキク(効能)、コレ(薬)を食べるという方法、
それは私達の体全体を見ていない事になります。

もっと根本的な
私達の体の生理に合った食べ物を 選び、食べると、
体全体をととのえ、不調なども回復していきます。


当講座ではたなかれいこが主に調理します。

ご参加者は、お手伝いしながら、
体を立て直す料理の仕方や素材の事を学び

出来上がった「体を回復させる食べ物」をゆっくり召しあがっていただきます。
体の内からととのえ、食べ物の力で回復させていきます。


私たちの体は、全て繋がりを持ってひとつです。

体全体を食べ物でととのえ回復させる事は、
私たちの体にとって、ストレスのない自然なことなのです。 

自然の道理で食べ物に向かうと、肩の力がぬけ、
楽に体を回復することが出来る様になります。

疲れや冷えを感じたら、ちょっと弱っているなと感じたら、

食べ物で修復しておくのが良いでしょう。


すでに病気の症状が出ている方も
いつからでも体を立て直すことができます。




ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)
12:02 |  trackback: -- | comment: -- | edit