612のインフォブログ

たなかれいこ が南青山で主宰する ”食のギャラリー612” のインフォメーションブログです



満席のため受付終了しました。(2/24)

info-kihon.jpg


--------------------------------------------------

「ほんものを見極める力がつきました」

「アレコレ工夫しなくても美味しいんですね」

「包丁を使うのが楽しくなりました」

「本物の調味料を使うと体も元気になりました」

「油って太らないんですね」

「食材の旬がわかる様になりました」

「ほんとは料理ってカンタン!」



男性のご参加者にも好評です!

--------------------------------------------------


一般に料理の基本と言っても、結構あれこれいっぱいあって大変!

下ごしらえは丁寧にとか

切り方の種類もいっぱい

調味料の入れる順序はさしすせそ?!など。

しかし、 たなかれいこ的 「料理のきほん」 は、

拍子抜けする程 か ん た ん !

その極意が 6回 で分かる講座です。


料理のベテラン主婦からお料理初心者まで世間の常識とはちがう

たなかれいこ的「料理のきほん」を知ると、

料理のハードルがぐっと下がり、キッチンに立つのが楽しくなります。





たなか れいこ 的
*** 料理のきほん ***

季節に合った食材を使う

基本調味料は…
 塩、醤油、豆みそ、バルサミコ酢、オリーブ油等の油

塩、醤油、味噌などの調味料は、おいしいと思う量を使う

さとう、酒、みりんを使わない

野菜の皮はむかない

水にさらさない(アクを取らない)

ほとんどの加熱調理はフタをして加熱をする

クッキングシートを活躍させる

切れる包丁を正しくグリップしてスーッと切る(トントンしない)

電子レンジは使わない





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開催日時

日曜クラス(全6回)  

 ①  4月12日(日)14:00~17:00
 ②  5月17日(日)14:00~17:00 
 ③  6月14日(日)14:00~17:00
 ④  9月 6日(日)14:00~17:00
 ⑤ 10月 4日(日)14:00~17:00
 ⑥ 11月15日(日)14:00~17:00

7月・8月は休み


受講料

全6回 ¥66,000(税別)・入会金不要

* 受講料には、材料費など一式が含まれます。
* 講座で使用します野菜は無農薬無肥料栽培のものを基本に、その他使用します全ての食材は厳選された物を使用します。


定員:8名 満席


場所:南青山7-9-3 食のギャラリー612 地図


申し込みフォームへ



ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)


22:20 |  trackback: -- | comment: -- | edit


満席のため受付終了致しました。(2/24)

info-atatame1503.jpg


「食べもので体のなかから」
春 に あ た た め る と
デ ト ッ ク ス が ス ム ー ズ に 。


体の調子を整える絶好のタイミング!



春は 私たちの体がゆるんで
冬の間にためていた余分なもの、老廃物などを代謝する季節です。

この時期、体をあたため、血流をよくしてあげると
デトックスがとてもスムーズにいきます。

体の中をあたためると、腸も元気になります
腸は免疫 を司っているところ。

花粉症アレルギー がある方も
この時期に体質を改善すると効果的です。

当講座では、
食べもので 体をあたためる料理
実習していただき、 出来上がったらゆっくり召し上がって

体をあたためる を実感していただきます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開催日時

3月1日(日)14:00~17:30 


講座費用

¥11,000(税別・入会金不要)

 *講座費用には、受講料の他、食材・調味料・水等、調理に必要な費用一式が含まれます。
 *講座で使用します野菜は無農薬無肥料栽培のものを基本に、
  その他使用します全ての食材は厳選された物を使用します。



定員:8名 満席

  *最近は、顔や頭に大汗をかく 男性の かくれ冷えの方も多い様です。男性の受講も大歓迎です。



場所

南青山7-9-3 食のギャラリー612 地図



申し込みフォームへ


「たべるクリニック」 とは・・・

私たちの体は、食べ物や食べ方をちょっと工夫すると、
その瞬間からどんどん 良い方向=自然治癒力 に向かいます。

しかし、今日では、ただ 漫然と食べ物を選んでいたり
又、知識だけで食べ物を選んでいると
本来の私たちの体、生理に合わないことがあります。


貧血気味で検査したところ…
『数値的に鉄分が足りないから、レバーやほうれん草を食べよう』

というのは…

一見、薬にたよっていない様ですが
私たちの体のとらえ方としては、
どこが悪いから、それにキク(効能)、コレ(薬)を食べるという方法、
それは私達の体全体を見ていない事になります。

もっと根本的な
私達の体の生理に合った食べ物を 選び、食べると、
体全体をととのえ、不調なども回復していきます。

体を立て直す料理の仕方や素材の事を学び

出来上がった「体を回復させる食べ物」をゆっくり召しあがっていただきます。
体の内からととのえ、食べ物の力で回復させていきます。


私たちの体は、全て繋がりを持ってひとつです。

体全体を食べ物でととのえ回復させる事は、
私たちの体にとって、ストレスのない自然なことなのです。 

自然の道理で食べ物に向かうと、肩の力がぬけ、
楽に体を回復することが出来る様になります。

疲れや冷えを感じたら、ちょっと弱っているなと感じたら、

食べ物で修復しておくのが良いでしょう。


すでに病気の症状が出ている方も
いつからでも体を立て直すことができます。




ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)

18:14 |  trackback: -- | comment: -- | edit