612のインフォブログ

たなかれいこ が南青山で主宰する ”食のギャラリー612” のインフォメーションブログです

更新情報 

お知らせ |

たなかれいこの12月のおたよりをアップしました。 click!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
たなかれいこのおたよりは、
612コレクション会員の皆様へ
毎月お届けしているものを掲載しております。

612コレクションとは? >>
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
15:28 |  trackback: -- | comment: -- | edit

NHK 観賞マニュアル 「美の壺」 

お知らせ |

今週8日(木)放送の「美の壺」に出演します。

スタジオ木瓜の日野明子さんが選んだごはん茶碗に

私がごはんを見立てて料理しました。

二人の会話やインタビューも少しあります。

30分番組のほんのちょっとの出番かと思いますが

ご覧いただけましたら幸いです。


たなか れいこ

----------------------------


NHK 観賞マニュアル「美の壺」  File227.ごはん茶碗

日程

BSプレミアム 
 12月 8日(木)午後7:30~
 12月 9日(金)午後3:00~(再)
 12月14日(水)午前8:00~(再)

総合テレビ
 12月11日(日)午前4:30~(再)

オンデマンド配信 12月9日(金)から14日間
 https://www.nhk-ondemand.jp/

NHKワールドプレミアム
 12月11日(日)14:20~/12月14日(水)26:00~

制作日記 WEB動画
ごはんは、実際は5点ありましたが、放送されません分は
下記の番組ホームページ「制作日記」というWEB動画でご覧いただけます。
12月8日の放送後から配信されるそうです。
(「美の壺」ホームページ http://www.nhk.or.jp/tsubo/

スタジオ木瓜 日野明子さん
 ブログ「うつわの連絡帖」 http://utsuwacafe.exblog.jp/
21:15 |  trackback: -- | comment: -- | edit

11月のテーマ
『野菜いっぱい生ソース』

--------------------------------------------------------------------

献立
里芋のコロッケ 特製ソース
ひき肉団子の豚汁
冬野菜の生サラダ


使用した食材
里芋、かぼちゃ、玉ねぎ、大根、人参、ごぼう、長ねぎ、ルッコラ、赤玉ねぎ、レモン、はたけしめじ、ニンニク、しょうが、くるみ、豚ひき肉、地粉、卵、パン粉、なたね油、オリーブ油、醤油、バルサミコ、香酢、昆布だし、葛粉、豆みそ、塩、五分搗き米、もちあわ

posted by (C)612

それぞれの画像をクリックすると拡大します。
上の画像が表示されない方はこちら click!



*612食べ物教室の詳しいことはこちらから>>

*まずは、お試し受講から>>

*お申し込みはこちらから>>

20:52 |  trackback: -- | comment: -- | edit

*このレポートは、2011年11月に開催しました
 「自分の体を見つめる講座」の体験レポートです。


れんこん・かぼちゃ・しめじ・小豆・・・。「自分のからだを見つめる講座」のごはんは、ほんとにおいしかった! そして、楽しく奥深い8日間でした。ダイエットや体にいいから・・、いつからか食を選ぶ基準がおかしくなっていたことに気がつきながら、忙しさや仕事のおつきあいをいいわけにどんどん深みにはまってしまったころみつけたのがこの講座でした。不思議と不安などは全くなく、これよ!という直感。

スタートして一日・二日とだんだん体が空腹状態に慣れ、三日目には頭がクリアになって、何だか穏やかに変わってきました。夜は毎日たっぷりのごはん。わぁ、食べられるかな・・・というくらいのたっぷりさでしたが、なんのなんの毎回完食。体と頭と心が満たされ、ぐっすり眠るのですから仕事をしながらの受講もなんなくこなせました。

このたっぷり夜ごはんは、体が食を欲していたことはもちろんなのですが、何といったらいいか、魔法のような深さがありました。子どものころ食べていたなぁとか懐かしいなぁとか、このおいしい野菜はどこで育ったのか、育てた方はどなたなのか・・・食べながらいろいろ想像するのです。そして、わたしもこんなごはんを作りたい!と、思うのです。

やはり、生きることは食べること、おいしいと感じる本物を食べることが大事、としみじみ実感しました。また、8日間一緒にチャレンジしたお仲間ができたことも大きな収穫となりました。これからの日本の食事情がどうなるのか、明るい未来とはいかないのかもしれませんが、自分で感じて自分で選んでたくさんの人と食を共にしたいなぁと思います。
れいこさん、ごはんを作ってくださったみなさま、ありがとうございました。


 
17:54 |  trackback: -- | comment: -- | edit

*このレポートは、2011年11月に開催しました
 「自分の体を見つめる講座」の体験レポートです。


一年前にも「自分の体を見つめる講座」を受講し、今回は二度目でした。前回受講してから、自分なりに「体をみつめる生活」を継続していたつもりでした。でもやはり年に一度くらいは改めて見つめ直す必要があると痛感しました。

体重が2kg減り、体脂肪も減りました。体が引き締まりました。腸の調子がもっとよくなり、疲れにくくなりました。
味覚と臭覚が敏感になり、全体的に体がクリアになった気がします。前回よりもはっきりと体の変化に気づくことができました。

そして何より変化が現れたのは、食べる事や料理する事に対しての私の気持ちです。普段、家族の為に一日三食用意する生活が続いていました。なんだかいつも料理しているような気分でした。面倒だと思う事も多くありました。
でも、講座中は調理どころか包丁さえも握ることはありません。朝食と昼食を摂らず、待ちに待った夕食にれいこさんが作ってくれたたっぷりのごちそうを食べると、あーおいしい、食べることってこんなに感動的なことだったんだ!と気づかされます。
そして、私も料理したい、と強く思いました。

講座が終わってから、料理の仕方が変わりました。
慌ただしく作る事がなくなり、味がすぐ決まるので味見の回数も減りました。五感を使って料理をしている感じです。以前より作った物がおいしく出来上がっていると思います。それは、なにより私が楽しく喜んで料理しているからだと思います。

17:52 |  trackback: -- | comment: -- | edit

*このレポートは、2011年11月に開催しました
 「自分の体を見つめる講座」の体験レポートです。


この講座について、以前から興味はありましたが、そこまで具合も悪くないし、持病もないし・・・と仕事とのスケジュール調整や費用のこともあり、いつか受けてみたいな、とは思っていましたが、真剣に考えてはいませんでした。 

それが、検診で突然悪いところが見つかり、初夏の頃から食事改善を始めていたので、今回迷うことなく、受講に至りました。
いま思い返すと、以前の私は病気が見つかってなかっただけで、健康ではなかったと言えます。体温は35.2-3度、寒がりで冷えているのに、コーヒーにパン、焼き菓子が大好きで、お酒が弱いのに、仕事との切り替えのために「とりあえずビール」を飲み、夕食は自炊とはいえ深夜、仕事でプレッシャーの日々。そして、健康のため、とムチ打ってのジム通い。

なんとなく不調で、気持ちも晴れないし、身体も気持ちも冷えている感覚がありましたが、体力がないせいだろうと、だるい身体は、コーヒーや甘いものでカツを入れて、仕事にプライベイトに忙しく動く毎日でした。食事の素材には気をつけていたつもりでしたが、単に自分好みの飽食をしていただけで、健やかな食卓ではなかったということがいまは分かります。

今回、早めの予約特典で事前に食事内容見直しのアドバイスをいただきました。
講座に向けて、助走ができたのは、とても良かったです。でも、自分で食習慣を変えていくというのはとても大変。そして、時間がかかるもので、最初は好きなものをひたすらがまんする日々でしたが、少しづつ「からだに良いから食べる」ではなく、「おいしいから食べたい」とからだが感じるようになってきました。

講座中にはそれがもっとはっきりしてきて、おなかが空いたとき、以前のように「甘いもの」ではなく、「おにぎり」が食べたくて、あずきやかぼちゃ、さつまいもの甘みがおいしーいと感じました。
これは8日間集中してからだに危機感を与えた結果、得られた感覚だと思います。その感覚はからだが記憶していて、講座が終わっても思いだし、以前との変化にびっくりです。これまでは、パンや焼き菓子のことは思いださないように、がんばって封印していたので・・・

講座後に旅行に行ったのですが、旅行中は誘惑も多く、理想の食事はなかなかできません。なので、思い切って、気になるお菓子やパンも自分の気持ちに素直に食べてみました。砂糖に乳製品はここ半年、避けれる限り避けていたので、ちょっとどきどきでした。
これが、それほどおいしくなくて、これはがまんではなく、身体に負担のかかる砂糖やバター、乳製品は食べてもおいしく感じないんだ ということが身をもってわかりました。お野菜もしかり、、、外食をすると、味がないなとか、おいしくないから食べたくない と思うようになりました。

「これは安全です」と書いてなくても、自分の味覚を頼れるようになったのかな とうれしい実感でした。また、これまでは、野菜中心の献立の立て方がよくわからなかったのですが、8日間続いた612の食事で、それが分かりました。お料理を習ったわけではなく、ただ食べていただけなのに、すごいなあと思います。

これからも、この感覚を忘れないように、おいしいものを食べて、気持ちよくすこやかに生活したいと思います。

17:50 |  trackback: -- | comment: -- | edit

*このレポートは、2011年11月に開催しました
 「自分の体を見つめる講座」の体験レポートです。


今回妻が体を見つめる講座を受講するにあたり、私も一緒に受講しました。受講前は今までさして大きな病気もしたことはないし、体を鍛えるために会社帰りにジムに通い、終わった後に至福の一杯。一杯だけならまだしも、2杯、3杯とビールが
おいしい。休肝日を作るようにと言われても、なんだかんだ理由をつけてほぼ毎日ビールを飲む毎日。それでも大丈夫と思っていました。だから、体を見つめる講座も最初は耐え切れるのだろうか?とか、会社に行っている間は誰も見てないしおやつとか食べちゃうかも。とか自分のできる範囲でがんばろうと思っていました。

でも講座がはじまると空腹を意識しないために、何かに集中したり、昼休みは散歩に行ったりといつもと違う生活に新鮮さを感じました。特に昼休みの散歩は、会社の近くの芝浦アイランド周回コースを歩いたりレインボーブリッジまで足を伸ばしたり、最終日は泉岳寺に行ったりと今まで会社の近くにあったのに行ったことのない所へ行くことも講座中の楽しみの一つになっていました。
昆布とおやつの写真をツイッターでつぶやいたら、フォロワーの人から昆布ダイエットですか?といった返信が来たりしました。最終日近くになったら頭が冴えてきたのか、キーボードの打ち間違えが格段に減るようになりました。やはり、何かに集中しようという気持ちが高まっていたのかも知れません。

また、毎日の一日一回の食事も非常においしく幸せな気持ちになれました。このような体験はなかなかできるものでは無いのでこの講座で感じたことを意識しながら日々の生活を楽しく、おいしく 安全に過ごしていきたいと思います。

P.S.
最終日、顔色がよくなってきたとれいこさんに言われうれしかったです


17:49 |  trackback: -- | comment: -- | edit