612のインフォブログ

たなかれいこ が南青山で主宰する ”食のギャラリー612” のインフォメーションブログです

6月のテーマ
『葛でつるっと 涼しく』

--------------------------------------------------------------------

献立
生じゅん菜のくず寄せ(冷製)
かぶの蒸し物・トマトソース
切り干し大根とレタスのサラダ
ごちそうビーフン


使用した食材
生じゅん菜、かぶ、ミニトマト、玉レタス、サニーレタス、リーフレタス、新玉ねぎ、人参、大根、京菜、ニンニク、切り干し大根、揚げ、ビーフンむきえび、卵、唐辛子、昆布だし汁、かつおぶし、梅酢、海塩、葛粉、豆味噌、オリーブ油、醤油、アップルビネガー、ナンプラー、白バルサミコ


posted by (C)612

上の画像が表示されない方はこちら click!


教室メンバーからのご感想
612のお教室に通うようになって、早7ヶ月。

食べることが大好きで、それなりに食材や、調味料に気を使っていましたが、れいこさんの話を聞くと、まだまだ考えが中途半端だな~と思い、もっとアンテナを張り巡らさないといけないと痛感します。

今月の献立は、生じゅんさいのくず寄せ、かぶの蒸物・トマトソース、切干大根とレタスのサラダ、ごちそうビーフン。

生じゅんさいのくず寄せは、これからの暑い季節にピッタリ!
梅酢のさわやかな酸味が大変おいしく、食前に飲むと食欲が増します。
いつも梅酢は、大根や新生姜に漬け込む位にしか使用してなかったの、新しい発見でした。

切干大根とレタスのサラダは、お教室に通ってから、初の生葉物野菜のサラダ。
毎日家でサラダを食べていますが、612の旬の野菜は家で食べているサラダとは味の濃さが違い、う~んおいしい!!

今回は、放射能が気になる野菜の洗い方を、れいこさんから教えて頂くことに。

612おすすめのマルチ洗剤を入れた水の中で、野菜を一枚一枚丁寧に洗い、ボールに入れたたっぷりの水の中ですすぐと、直ぐにヌルっとした感覚がなくなり、これで放射能が洗い流せるなんてビックリです。
こんなに手軽で、放射能に心配がなくなるなら、早速家でも実践しようと思いました。

試食は今回もたっぷり。
ビーフンはかなりのボリュームで食べきれるか心配でしたが、不思議とペロッと食べちゃいました。サラダもおかわり。

食べ終わったときには、苦しいのですが、野菜たっぷりで身体に負担のかからない料理は、消化も早く夜にはお腹が空き腸の調子も次の日は絶好調です。

612の教室は、私にとって料理教室に通ってるというより、月に1度身体のクレンジングデーです。

(K・K様 女性)

*612食べ物教室の詳しいことはこちらから>>

*まずは、お試し受講から>>

*お申し込みはこちらから>>
22:25 |  trackback: -- | comment: -- | edit


あたりまえの食べ物を食べる…
これが今日では一番むずかしいことに
なってきているのが残念ですが、現実。
小さな体の不調や太りすぎ、やせすぎが気にはなっても
放置しているとやがてはりっぱな病名が付く身になってしまいます。
癌や鬱など深刻な病にも至ります。

人間の体の免疫システムの70%は腸で、リンパ球の60%も腸に、
そして、腸は第2脳……いいえ、実は腸が始め脳の役目をしていて
進化の過程で頭に脳が形成されたのだとか。
…いかに人間の体と心の健康は腸の健康に依るか、はかり知れません。

このことを理解すると、体のコンディションそして心模様を良い方向に
向けるには「食べ物」がキーということがおわかりになると思います。

私達の体の60兆という細胞のひとつひとつ、
食べた物で出来ているということは、どんな食べ物を選択するか
私達の健康が左右されるということです。
玄米菜食からコンビニ食まで選択肢はさまざま、
情報もいっぱい、どれが本当に良いのかまよってしまいます。
しかし、実は私達の体にぴったりくるおいしい、あたりまえの食べ物は
とてもシンプルな奥深いものです。
この事がわかると、楽になります。

「自分の体を見つめる講座」では、
食べ物と体に関するレクチャーの他、
8日間で食事プログラムに基づく、おいしい食事を実際口にし、
体に入れることで、頭=理屈ではなく、もっと深部の所で
わかる様になると同時に体調も上向きになっていきます。

何かに効果があるという食べ物による対処的な事ではなく
食べ物と体と心の係わりのあたりまえ、
本質を手に入れる事ができるでしょう。

そしてあなたの新しい扉が開くことでしょう。

たなか れいこ
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


’11.3月ご参加者の体験レポートもご覧下さい。

<E様40代女性>
講座に興味がある反面、迷いもありました。
「8日もがんばれるかな・・・」
「食べる楽しみが1日1回だけなのは辛いな・・・」
「私にとっては受講料も勇気がいるな・・・」
でも実際講座が終わってみると全ての面で「受けてよかった」と痛感しています。 
続きを読む


<S様50代女性>
自分の体を見つめる講座体験できて、とても良かったです。
今朝、目覚めてbodyをチェックしましたが、
自分の元の体のラインに戻りつつ有るのが分かりました。
食事も8日間、れいこさんのパワーもこもった物を頂いていたので、
続きを読む


<T様40代男性>
昨年夏過ぎから、仕事が立て込んだ関係で、家での食事ができず、
夕食をコンビニに頼る生活になりました。
それが長く続いたこともあって、年を越えるあたりには大分肉がつきまして、
ついには冬物のスーツがすべて入らないという事態になりました。
前々かられいこさんに受講した方がいいと言われていたのですが、 
続きを読む




講座期間:2011年11月2日(水)~9日(水)  只今お申込み受付中! 詳細はこちら>>

・ ・ ・ ・ ・ 早っ!申し込み特典 ・ ・ ・ ・ ・
 7月末日までにお申込み、お手続き完了の場合

特典として、
上記期間にお申込み、お手続き完了後、
たなかれいこが あなたの食事や生活についてアドバイスを致します。
講座までの期間を有効に利用することで、11月の講座がより効果的になることでしょう。

*日時はご相談の上、決めさせていただきます。

12:24 |  trackback: -- | comment: -- | edit

612食べ物教室 短期集中講座
「自分の体を見つめる講座」


開催:'11年11月2日(水)~11月9日(水)…食事プログラムの期間
 
  11月2(水)・3(木・祝)・5(土)・6日(日) の4日間は612にお越しいただき、
   それ以外の日程は、612が心を込めて料理をした食事プログラムの食事を
   ご自宅や会社などで召し上がるだけです。
   食事プログラムの食事はすべて612で用意致します。
   8日間の受講が難しい場合は、開講中の連続4日間でご参加可能です。ご相談下さい。


会場:食のギャラリー612 港区南青山7-9-3

講座費用:8日間集中 ¥169,200(税込)/ 4日間も受付 ¥137,800(税込)

  講座費用には、受講料の他、講座期間中口にする
   すべての物(食事・水・お茶・おやつ等)一式の費用が含まれます。


定員:8名

日程
11月2日(水)19:00~21:00 説明会・食事プログラム
11月3日(木)16:00~20:00 レクチャー・食事プログラム
11月4日(金)食事プログラム
11月5日(土)16:00~20:00 レクチャー・食事プログラム
11月6日(日)16:00~20:00 レクチャー・食事プログラム
11月7日(月)食事プログラム
11月8日(火)食事プログラム
11月9日(水)食事プログラム 

  水色表記は、612で開催の講座となります。  
  グレー表記は、ご自宅、又は会社などでの食事プログラムとなります。


11月2日(水)夕食~11月9日(水)の間は、一般の食事はとることができません。
期間中18時まで口にするものはほんのわずかな量で、食事プログラムの夕食をたっぷりお召し上がりいただきます。
当講座は、普段通りにお仕事をしながら受講することができます。
時間の都合が少し合わない場合、どうしても外食が入る場合はご相談下さい。
20才以上であれば、男性・女性問わずご参加いただけます。
病院での治療又は、投薬中の方は医師にご相談の上ご参加ください。
ご希望の方には、講座期間の前の日程(スケジュールの都合がつかない方は終了後)で、
  お一人1回30分程度、個人面談をお受けします。



  『 自分の体を見つめる講座 』ってどんな?
   最新の体験レポートを読む>>
  
申し込みフォームへ 終了致しました。

  受講お申し込みいただきました後、612よりご参加費のお振込先などのご案内をさせていただきます。
  定員に達しましたら、お申込みを締め切らせていただきます。


・ ・ ・ ・ ・ 早っ!申し込み特典 ・ ・ ・ ・ ・
 7月末日までにお申込み、お手続き完了の場合

特典として、
上記期間にお申込み、お手続き完了後、
たなかれいこが あなたの食事や生活についてアドバイスを致します。
講座までの期間を有効に利用することで、11月の講座がより効果的になることでしょう。

*日時はご相談の上、決めさせていただきます。



ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)

12:22 |  trackback: -- | comment: -- | edit

612ファーム
7月「畑の教室」のご案内

梅雨の真っ只中、気分もすぐれなくするこんな天候も、
おいしいお米や野菜が育つのには必要と思えば
鬱陶しさも少しは軽減されますね。
それに、梅雨明けの夏の空を思い浮かべ
何をしようかとプランするのもいい気分になります。

次回の「畑の教室」は、夏に突入した7月末になります。
夏のギラギラの太陽の下、おいしいごはんを作って、食べて、
ゴロゴロ畑で寝るも良し、草刈りに汗を流すも良し、
静かに虫を観察するも良し、いずれにしても、
きっと612ファームはあなたの体と心をほぐしてくれますよ。

2日目は森の散歩や山仕事もあります。
お友達やご家族と蓼科の高原で素敵な夏の日をお過ごし下さい。

 たなか れいこ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


場所:蓼科612ファーム(茅野市北山)現地集合・現地解散・雨天決行
  *お申し込み後に詳しいご案内を差し上げます。
     
開催日:'11年7月30日(土)・31日(日)

時間:30日(土)11:00~17:00/31日(日)7:00~13:00

参加費(1名様分料金・税込)
  両日(7/30・31) ¥17,000/¥16,500-(メンバー) 食事4回・お茶を含む
  7/30のみ ¥12,000/¥11,500-(メンバー) 食事2回・お茶を含む
  7/31のみ ¥ 7,250/¥ 6,750-(メンバー) 食事2回・お茶を含む
 
*612教室メンバー、612コレクションメンバー、その同行されるご家族・ご友人はメンバー価格となります。
*お子さまのご参加料金は、1~3才未満50%、3才以上未就学児 80%、小学生以上は100%です
*季節により開催時間・参加費が異なります。


定員:20名(両日共最少遂行人員5名)

申し込みフォームへ 定員のため締め切りました。多数のお申込みありがとうございました。

ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)



次回の開催は、9月17日(土)・18日(日)です。


612食べ物教室メンバーの「畑の教室」体験記 「晴耕雨食~612食べ物教室的~」
畑の教室のphotoアルバムもご覧下さい。
    '11年6月*畑の教室・1日目
'11年6月*畑の教室・1日目のphotoアルバム 写真をクリックするとアルバムページに移動します。
    '11年6月*畑の教室・2日目
'11年6月*畑の教室・2日目のphotoアルバム 写真をクリックするとアルバムページに移動します。
-- 交通のご案内 --
21:53 |  trackback: -- | comment: -- | edit



----------------------------------------

’11.6月4日(土)at 612ファーム
畑の教室」photoアルバム

-----------------------------------------

約50枚あります。

左の大きい画像をクリックすると
 アルバムのページに移動します

左の画像が表示されない方はこちら click!






----------------------------------------

’11.6月5日(日)at 612コレカラハウスフォレスト&612ファーム
畑の教室」photoアルバム

-----------------------------------------

約40枚あります。

左の大きい画像をクリックすると
 アルバムのページに移動します

左の画像が表示されない方はこちら click!

20:53 |  trackback: -- | comment: -- | edit

更新情報 

お知らせ |

たなかれいこの6月のおたよりをアップしました。 click!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
たなかれいこのおたよりは、
612コレクション会員の皆様へ
毎月お届けしているものを掲載しております。

612コレクションとは? >>
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
16:02 |  trackback: -- | comment: -- | edit

5月のテーマ
『体のバランスをとる献立の工夫』

--------------------------------------------------------------------

献立
蕗と厚揚げの煮物
こごみと小松菜のピーナッツ和え
ホタルイカの和え物
春ねぎのたまご焼き
おはぎ ごま&きなこ


使用した食材
ふき、こごみ、小松菜、真菜、長ねぎ、厚揚げ、ホタルイカ、卵、昆布だし汁、かつおぶし、海塩、醤油、ピーナッツバター、ゆずこしょう、オリーブ油、アップルビネガー、黒すりごま、黒豆みなこ、てんさい含蜜糖、もち米




上の画像が表示されない方はこちら click!


教室メンバーからのご感想
通い始めた頃から比べると、食べ物に関して考えることがだいぶ変わってきて、
それなりにアンテナを張っているつもりではありますが、
毎回れいこさんのお話を聞くと何かしらハッとすることがあります。
今回の旬のお話も、ついつい自然食品系のお店にある野菜ならいいかなと考えがちだったので、とてもためになりました。
とはいえ、最近の放射能のことを考えると、近郊で採れた野菜を食べていいのか、、、。
日々悩みながら買い物をしています。

今回の献立では
おはぎのきな粉は砂糖なしでもあまくてびっくり。
ピーナッツペーストもそのままで濃厚でおいしい。
卵の色はオレンジ寄りではなく、レモン色のような薄い黄色。
などなど、教室で使う食材のレベルの高さには毎回感動します。
少し前に1ヶ月ほど612で買っているお醤油を切らしてしまい、
しょうがなくスーパーで普通に売っているお醤油を使ったら、
全然味が決まらず、美味しい素材を使う事の大切さを身をもって実感しました。

月に一度教室で野菜を切ると、普段忙しさにかまけて乱雑に野菜を扱っていたと実感します。
やっぱり、最終的な食感のまとまりを考えて、丁寧に切って作るって大切だなあと。
普段、何となく切り始めて、何となく味付けすると、いつもぼやけた味になってしまう気がします。
毎日は無理でも、余裕のある日はもう少し丁寧にしていきたいと教室にくる度に思い返します。

いろいろと思う事を書いてしまいましたが、
今回もおいしいお料理をいただき、
心も体も温まり、幸せな時間を過ごせて、楽しかったです。
それが教室を続けている一番の理由でもあります。

(E・O様 女性)

*612食べ物教室の詳しいことはこちらから>>

*まずは、お試し受講から>>

*お申し込みはこちらから>>
00:03 |  trackback: -- | comment: -- | edit

スペシャル講座

        こ ん な 今 、 だ か ら
          玄 米 に 向 き 合 っ て み ま し ょ う か。


玄米のプラス・マイナスを知って、賢く、おいしく食べてみよう。


私は日頃、野菜たっぷり、お肉やお魚も適度に
「穀物ごはん」という本を出した位のごはん好きなので、
五分搗き米をベースに雑穀を混ぜたり、時には玄米を食べたり、
贅沢にもちきび100%で炊いてみたりしながら
季節や気候、気分に合わせ、色々な食べ物を食べています。

3.11以降、こんな状況で健やかな体を保つために
みんな、何を食べて良いのか、いけないのか、
五里霧中状態ではないでしょうか。
何やら先の大戦の時に、長崎では玄米を食べていた人達が
原爆症にならなかったとかいう話も飛び交っています。

そこで、こんな時だからこそ「玄米」に向き合い
その真実を知って、賢く、おいしく、ふだんの食卓に生かすための
スペシャル講座です。

 たなか れいこ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


日程:'11年7月15日(金)13:00~16:00
          7月17日(日)13:00~16:00

      *両日共、内容は同じです。

  一部(13:00~13:40) 「玄米についてのお話」
   玄米のプラス面、マイナス面などを含め、玄米って何者かのレクチャー。

  二部(13:50~14:40) 「玄米の炊き方色々」
   玄米の選び方、保存の仕方、とぎ方、など初歩からやってみましょう。
   そして炊き方のちがいを食べ比べ。
   1)圧力鍋と内鍋
   2)土鍋
   3)炊飯器

  三部(14:40~15:20) 「玄米に合う献立」
   現代人の舌に合う誰にでもつくれる献立を。

  ~16:00 会食


会場:食のギャラリー612 港区南青山7-9-3

ご参加費:¥11,000(税込)/各回
  *上記料金には、材料費・会食費が含まれます。

定員:10名/各回

申し込みフォームへ お申し込み受付終了致しました。

*お申し込みいただきました後、ご参加費のお振込先をご案内致します。
*一旦お支払いいただきましたご参加費は、ご参加者のご都合によるキャンセル の場合でもお返しできませんこと、あらかじめご了承下さい。 


ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)
16:41 |  trackback: -- | comment: -- | edit