612のインフォブログ

たなかれいこ が南青山で主宰する ”食のギャラリー612” のインフォメーションブログです

1003-1.jpg 1003-2.jpg

 3月のテーマ 
『春の和え物に冬のなごりを少し』
---------------------------------------------------------------------------------

*献立
菜花の白和え
わかめと長ねぎの酢みそ和え
小ヤリイカのおから煮
春アサリの炊き込みごはん
白菜の味噌汁


*使用した食材
菜花、豆腐、わかめ、長ねぎ、はたけしめじ、レモン、小ヤリイカ、おから、れんこん、スライスしいたけ(乾)、舞茸(乾)、しょうが、にんにく、アサリ、ごぼう、山えのき、人参、白菜、白ねりごま、かつおだし汁、昆布だし汁、生しぼり醤油、白みそ、白バルサミコ酢、海塩、豆味噌、五分搗き米

1003-side1.jpg 1003-side2.jpg 1003-side3.jpg



*教室メンバーからのご感想

今回は春らしい和の献立でした。

ぬた、白和え、といったいつものお惣菜が、よりシンプルに、より身体に優しい形で食べることができて、嬉しい発見でした。

出来上がりの味も、なぜかいつものぬたや白和えよりもずっと「春らしい味」に感じました。素材と味付けが「今の時代の、そして今年の春に」ぴったりだからかなーと思いながらいただきました。ぬたの「ワザありの酸味」も白和えの「自然の甘味」もちょうど今の時期にぴったり、私の身体にもぴったり、でした。おからにイカ、というのも本当に美味しかったです。

612の教室に参加すると、食事の後はおなかがいっぱいなのに1-2時間後くらいには胃がすっきりしていて気持ちが良くなり、身体が、「温まったよー、気持ちいいよー」と言っているのがわかります。

私は教室で習ったことをストイックに実践はしていないのですが、授業の帰り道は毎回、改めていつも無理をさせている身体に申し訳ないと思い、もっと自分を大切にしようという気持ちになれるのです。

今回も美味しい食事をごちそうさまでした。

また1ヶ月後を楽しみにしています。

(R・M様)

1003-side4.jpg 1003-side5.jpg 1003-side6.jpg

*612食べ物教室の詳しいことはこちらから>>
*お試し受講はこんな感じです。>>  *お申し込みはこちらから>> 

21:23 |  trackback: -- | comment: -- | edit

'10年2月の食材 

今月の食材バックNo. |

0812syokuzai.jpg


大根
アブラナ科ダイコン属
原産地:ヨーロッパ
旬:晩秋~冬

*必ず葉と根に分け、葉は洗って布に包み、
 さらに新聞紙で包んで冷蔵庫へ。
 根は洗って水分を取り、布に包み、
 さらに新聞紙でくるみ、冷暗所か冷蔵庫へ。
21:11 |  trackback: -- | comment: -- | edit

第3回
たなかれいこのお話し会

『醤油は薔薇と同じ香り成分を持っていることを知っていますか。』


江戸時代に完成された醤油の醸造技術。
日本の食文化の土台ともいえるこの調味料があれば、
料理の腕はぐっと上がり、健康な体も…と、とっても強い味方。
しかし残念なことに、現在では伝統的製法でない正油がほとんど。
では、どこがちがうのでしょうか。
歴史をひも解きつつ、醤油のほんとを見極めます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開催日:'10.4月18日(日)14:00~15:30

会費:¥3,800(税込・お茶付)

定員:16名 

会場:食のギャラリー612

申し込みフォームへ 終了致しました。ありがとうございました。

ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。mail
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)



+++
今後のお話し会スケジュール+++

● 第4回 '10年6月20日(日)14:00~15:30
  
『私たちの体にもっともなじむ、あきのこないおいしい食べ物…
それは穀物ごはんです。』

白米がポピュラーな現代ですが、分搗米・玄米そして、あわ・きびなどの雑穀を含め穀物はバラエティ豊かです。あまりにも身近で知らなかったお米のこと、色々ある雑穀をどう調理するかなどのお話です。穀物ごはんのことを知ると毎日がきっと力強く豊かになることでしょう。

*日程・テーマは変更になる場合がありますことご了承下さい。


14:56 |  trackback: -- | comment: -- | edit

1002-1.jpg 1002-2.jpg


 2月のテーマ 
『目と口に春、体に冬の献立』
---------------------------------------------------------------------------------

*献立
大根とささみの胡麻和え
里芋と小松菜のすり流し
れんこんと豆のサラダ
そばがきパン
塩むすび(もちきび入り5分搗ごはん)


*使用した食材
大根、里芋、小松菜、れんこん、人参、花豆、ささみ、ニンニク、昆布だし汁、葛粉、塩漬けケッパー、白ねりごま、生しぼり醤油、香酢、海塩、オリーブ油、バルサミコ酢、そば粉、もちきび、5分搗米

*教室メンバーからのご感想

2月のテーマは、
「目と口には春、でも胃袋にはまだまだ冬~」
そのテーマどうり、春の予感たっぷり、身も心もホッと温まるメニューでした。

一品目は
「里芋と小松菜のすり流し」
里芋の白いとろとろスープに緑色の小松菜が彩られ、身体が徐々に温まっていくのが実感出来ました

二品目は
「大根とささみの胡麻和え」
甘くないゴマ和えに箸がどんどん進みます。ニンニクがアクセントになっていて10人分ぐらいペロリと食べれる勢いです。緑が添えられ見た目も綺麗

3品目
「れんこんと豆のサラダ」
サイコロのように四角に切られた色とりどりの野菜達がコロコロと見た目も楽しく、食べる時も楽しめる一品でした
味付けのケッパーが市場に出ているものとは違い、目立ち過ぎずでもきちんと役割を果たしている感じでした

4品目
「そばがきパン、塩むすび」
素朴な味わいに日本人で良かった~と思いました。
食べ終わった後はいつも充実感に満たされます
食べた物が身体を浄化してパワーをくれるのがわかります
毎回、今日も良い1日だったなぁと思いながら、美味しいお料理とワインで真っ赤になりながら帰ります

毎日こんな日だったらなぁと思いながら。。
いつも有り難うございます!

(A・M様)

*612食べ物教室の詳しいことはこちらから>>
*お試し受講はこんな感じです。>>  *お申し込みはこちらから>> 

15:33 |  trackback: -- | comment: -- | edit

'10年1月の食材 

今月の食材バックNo. |

1001syokuzai.jpg

八つ頭
サトイモ科サトイモ属
(里芋の一種)
原産地:熱帯アジア
旬:晩秋~冬

*新聞紙の袋などに入れ、15℃前後で保存。
 寒さには弱い。
15:30 |  trackback: -- | comment: -- | edit