612のインフォブログ

たなかれいこ が南青山で主宰する ”食のギャラリー612” のインフォメーションブログです

*このレポートは、2010年10・11月に開催しました
 「自分の体を見つめる講座」の体験レポートです。


この講座に参加して心からよかったと思います。

僕は講座を受ける前は、抗不安剤や抗鬱剤を服用しておりました。
仕事も休まなくてはいけないくらいだったんです。

ところが、この講座を受けてから、全く飲まなくてもよくなりました。
気持ちも前向きになり心も穏やかに過ごせるようになりました。

他にもいいことはたくさんあったけど、この事が一番大きいです。

本来の自分に戻れました。
体と心はつながってるのがよくわかりました。
食べ物の力はとても偉大でした。

体にいい食事。おいしい食事。素敵な仲間との食事。
食事をすることがとてもたのしく、貴重な時間でした。

あっという間の一週間で、終わるのが寂しかったです。

また受講すると思います。

ありがとうございました!


【自分の体のここが変わった】

・気持ちが前向きになった。(これが一番大きいかも)
・記憶力がよくなった。
・集中力がよくなった。
・頭の回転が速くなった(不思議です)
・いいデザインができるようになった。
・1週間で体重が4kg痩せた。(高校のときの体重より軽くなった)
・体が軽くなった。
・手足が常に暖かくなった。
・風邪をひかなくなった。(いつもこの時期に風邪をひくので)
・頭痛がなくなった。

などなど。びっくりしております。
全ての事は繋がってるのも実感できました。


【感動したこと】(番外編)

家に届くご飯とおやつがとてもかわいくラッピングされてて、感動しました。
これはとても大切なことだと勉強になった。

後半のおやつはせんべいがあったのがうれしかった。
しかもせんべい一枚分の小さなジップロックに入っててまたそこで感動。

23:41 |  trackback: -- | comment: -- | edit

*このレポートは、2010年10・11月に開催しました
 「自分の体を見つめる講座」の体験レポートです。


自分の体を見つめる講座が終了してから、ちょうど一週間です。
改めて振り返ってみると、自分でも驚く程変化がありました。

講座のはじめの頃。
2日目頃から空腹感が心地よくなりました。
お腹がすいたら機嫌が悪くなったり何もする気がおこらなかったり
していたのに、空腹でも平気になりました。
体がとても早く順応したので、私の体も捨てたもんじゃないなとびっくりしました。
体が軽くなって、てきぱきと動けるようになり、
腰が重く後回しにしていた用事をぱっぱと片付けられました。
以前より的確に自分の考えや感じている事を、言葉に置き換えられるようになりました。
自分の口から発しておきながら、「そうそう、そういうことが言いたかったのよ」
と思ったことが何度もありました。
頭がすっきりしていきました。

612で一緒に講座を受けている方とお食事をする訳ですが、
初対面の方と一緒の献立を、同じ目的(自分の体を見つめる)に向かって、
あれこれお話しながら頂く、ということはとても楽しく初めての経験でした。
私にとってはこの経験がとても印象深く、今講座を振り返ってみても、
一緒に講座を受けた方々の顔が目に浮かびます。
このメニューは酸味が効いてて美味しいとか、この味付けは何かしら、
この食材のこんな食べ方初めてとか、美味しそうに食べますねーとか。
まるで家族みたいで、やっぱり楽しくわいわい言いながら食べるってことは
すごいパワーを生むんだなぁと改めて感じました。

講座の中頃は、もともと短気だったのが、ものすごく気持ちにゆとりができて
イライラしたり怒ったりすることがなくなりました。
これは私にとっては快挙!です。この変化が一番嬉しかったかもしれません。
自分を客観視できているような感じです。
イライラしていない自分に対して、「あ、イライラしないのね。へー。」と考えたりします。
こんな経験も初めてです。なので、毎日発見があってとても面白いのです。

講座の終わり頃は、もうすぐ講座が終わってしまうのが悲しくて、
これまでよりもっともっと噛み締めて味わって頂くようになりました。
この頃には体重が1キロ減っていました。あんなに毎日たくさん頂いていたのに。
自分の体の良い状態を知る事が出来たので、これから生活する中で
ここを基準にすれば良いという目安ができました。

講座が終わったあと、不思議なくらい自分の食べたいものが分かるようになりました。
食べたい味がはっきりすると言う事は、献立を考えるのも楽だし、
味付けする時もぱっぱと料理することができます。
食事はもともと大切にしていたつもりでしたが、日々生活していくって言うことは
何をどんな風に食べるかということなんだなぁと、しみじみ感じています。
食事の人生に占める割合がぐっと増えました。生きる事って食べる事ですね。

この講座を受けていなかったら、と考えると悲しくなります。
この講座の経験、れいこさんのお食事、感じた事、変化した事、
すべてが、私の人生のニュースTOP10にランクインする事柄ですから。

自分の体を見つめ始めたばかりですから、これからもっと発見があると思います。

貴重な体験、ありがとうございました。

23:40 |  trackback: -- | comment: -- | edit

*このレポートは、2010年10・11月に開催しました
 「自分の体を見つめる講座」の体験レポートです。


只今、体の調子は心身ともに良好です。
食事プログラムは今日まで延ばして続行しています。

空腹は苦にならず、お腹に何も入ってないことが心地よい感じになっています。
仕事の日も空腹は忘れて動いていました。お腹や脇腹がスッキリして
腕が動かしやすく感じます。体重も2kg落ち、「ムフフ」と喜んでいます。
肌の状態がとても良い感じです。
睡眠も短い時間でも深く眠れているような気がします。
一日だけ夜中に足がツって痛い思いをしましたが、それ以降は大丈夫です。
こうやって空腹に慣れて心地よい状態でいると、今までいかに安易に食べ物を
口にしていたかと思います。(私は間食が多かったのです)

食事プログラムでは夕食に本当に美味しい食事を思い切り(本当に沢山!)食べる、
というのが驚きであり喜びでした。そしてその時間を「待つ」楽しみでした。

「おいしい」とはこういうことだったのか、と612の教室に通うようになって思います。
美味しい食事を深く存分に味わいながら、
テーブルを共にした人(自分の顔は見えなかったけれど)の
幸せなお顔が印象に残ります。

家に届いた612の食事を見て家族が「野菜たちが讃えられているね」と感想を洩らします。

このプログラムで自分が変わったことの1つとして、食事への意欲が俄然出てきたこと。
今までも料理をすることや食べることは好きだったのですが、なにか少し違う。
たぶん、あの「おいしい食事」を作って食べたい、食べさせたい、ということなのでしょう。
頂いた食事の数々の美味しさ、あーかな、こーかな、と思い巡らしながら作っています。
今までより野菜の使い方に広がりがでてきました。612のように厳選された食材で、
というわけにはいきませんが、できるところからやっていきたいと思っています。


慌ただしく過ごす生活のなかで、ていねいに自分のからだの声を聴く大切さに気付き、
また時間の使い方も私の大きな課題です。
自分に必要なもの、欲しくないものがわかってくると、時間も生み出されて来る気がします。

なんだかとりとめのない感想ですが、今を含めこれからの自分の変化にワクワクしています。

様々なことに気付かせていただき、また心を込めた美味しい食事を作っていただき、
感謝しています。スタッフのみなさまにもありがとうございました。
23:38 |  trackback: -- | comment: -- | edit