612のインフォブログ

たなかれいこ が南青山で主宰する ”食のギャラリー612” のインフォメーションブログです

0908.jpg

 8月のテーマ 
『やさいの旨味たっぷりのカレー』
---------------------------------------------------------------------------------

*献立
モロヘイヤのカレー
人参のココナッツミルク煮
玉ねぎとデーツのチャツネ
きゅうりのヨーグルトサラダ


*使用した食材
モロヘイヤ、茄子、ズッキーニ、玉ねぎ、人参、ニンニク、しょうが、バナナ、きゅうり、アボカド、デーツ、オリーブ油、かつおぶし、アップルビネガー、玄米酒酢、ココナッツミルク、すり白ごま、ヨーグルト、レモン果汁、海塩、クミン、コリアンダー、ターメリック、シナモン、ガラムマサラ、カイエンペッパー、

*教室メンバーからのご感想

8月の食べ物教室の献立はカレー。
食べ物教室4年生の私にとって2回目の“れいこさんカレー”です。
三年前、初めてこのカレーを体験した時、
「美味しいー、汗が止らないー」を連発し、
その他の要素を観察する余裕がありませんでした。(笑)

今回は二回目のカレーレッスンと言う事で、
三年前の驚きを違った視点で吸収しようと試みました。

毎回勉強になるのが、食材の下ごしらえ&調理。
シンプルで無駄が無く、とにかく動作が美しい。
食材を切る大きさ、形へのこだわりは
旬の食材を美味しくいただく為への配慮。
れいこさんのお料理の魅力はこの
「美味しくいただいて欲しい」と言う思いが結晶し、結果として美しい事。
見た目だけが美しい物とは私達に与える影響が全然違うと思うのです。

厳選された食材を丁寧に下ごしらえ。
食材の鮮度を活かした、火、水、油のタイミング。
器選び、盛りつけ、一番美味しくいただける食スタイル。
全ては私達のカラダが美味しく吸収して行く為への心づかい。

自宅でカレーを一口食べた夫の感想は
「きれいだね。フレッシュで、活き活きしている。」
これって、れいこさんの作るお料理に全て当てはまる。
夫の一言に612へ通っている理由が表されていました。

美味しいご飯に感謝。
れいこさん、ありがとうございます&ごちそうさまでした。

(O・M様)

*612食べ物教室の詳しいことはこちらから>>
*お試し受講はこんな感じです。>>  *お申し込みはこちらから>> 

13:39 |  trackback: -- | comment: -- | edit

'09年7月の食材 

今月の食材バックNo. |

0907syokuzai.jpg

ズッキーニ

ウリ科カボチャ属
原産地:地中海沿岸
旬:夏

*布で包み、さらに新聞紙で包んで冷蔵庫で保存

13:31 |  trackback: -- | comment: -- | edit

0907-1.jpg 0907-2.jpg


 7月のテーマ 
『じゃがいもが主役』
---------------------------------------------------------------------------------

*献立
マッシュポテトのオーブン焼き
玄米と大豆のパエリヤ
初夏のやさいゼリー寄せ
もずくの酢の物 生じゅん菜添え


*使用した食材
じゃがいも、玉ねぎ、ニンニク、いんげん、ズッキーニ、グリーンセロリ、人参、ミニトマト、糸もずく、じゅん菜、大根、しょうが、ケッパーの塩漬け、オレガノ、パン粉、オリーブ油、海塩、昆布だし汁、ゼラチンパウダー、アップルビネガー、白バルサミコ、玄米、大豆、


*教室メンバーからのご感想

この日は、”お塩のお話し”がありました。

私たちのカラダには、微量のミネラルが必ず必要。

これはいつも、れいこさんから、レクチャーして頂いている。
夏が旬の食べ物は、カリウムが多いらしく、こればかりを食べると
ナトリウムとのバランスが悪くなるそう。

・トマトx塩
・キュウリx塩 など

カリウムとナトリウムがGOODバランスの自然海塩と、
夏の野菜を一緒に食べて、美味しいと感じるのは、
口や心だけでなく、体もちゃんと喜んでいる証拠なのだそうだ。
”美味しい”と全身で感じるものを、食べなければ!
と改めて感じた、”お話し”でした。

そしてこの日の献立で、
1つ、衝撃的な味だったのが、
『もずくの酢の物 生じゅんさい菜添え』。
もずくとじゅんさいの酢の物というより、
千切りの大根とたっぷりの針しょうがのほうを
食べて欲しいとのこと。
私たちのカラダは、冷房などでかなり冷えているので、
しょうがでHOTに!と考えられていました。

大根としょうがを和えて、塩をしただけのものを調理中に、試食。
・・・とにかく、辛い!!口の中が燃える!
これに、白バルサミコ酢を和えたって、この燃えるような、
しょうがパワーはどうにもならないのでは・・・と思ったのが、
大間違い。

出来上がったメニューを恐る恐る食べてみれば、
やわらかになった辛みのお陰で、お箸が進みます。
他の献立とのバランスもよくって、
いつもこうしていい意味で裏切られ、
最後には大満足するのでした・・・。

れいこさん、感謝!

(S・M様)

*612食べ物教室の詳しいことはこちらから>>
*お試し受講はこんな感じです。>>  *お申し込みはこちらから>> 

20:19 |  trackback: -- | comment: -- | edit

'09年6月の食材 

今月の食材バックNo. |

0906syokuzai.jpg

玉ねぎ

ユリ科ネギ属
原産地:西アジア
旬:春~初夏

*風通しのよいところで、皮を乾かしてから冷蔵庫で保存

20:19 |  trackback: -- | comment: -- | edit