612のインフォブログ

たなかれいこ が南青山で主宰する ”食のギャラリー612” のインフォメーションブログです



info-atatame1706.jpg



体 が あ た た ま る と
人 生 が 変 わ り ま す


夏 こ そ 必 要!!

冷房、薄着、冷たい飲み物など、冬よりむしろ夏の方が冷える現代です。
夏の冷え対策は来年の春までの体調をととのえることにつながります。




「冷え」 を甘く見ていたり、「冷え」 ていることの自覚がない人でも

確実に「冷え」の影響は受けています。


たとえば…

気持ちが落ち着かなかったり、ちょっとしたことでもストレスを感じたり、
周りの人とうまくコミュニケーションがとれなかったり…


という心模様「冷え」は表れます。


また、身体では

頭痛、便秘、下痢、肩コリ、自律神経失調症、ひん尿、疲れやすい、
アレルギー、肌荒れ、不眠、腰痛、婦人科系疾患(生理不順・
子宮筋腫・卵巣のう腫・不妊症等)などから、もっと重大なガンなど


「冷え」関係しています。



現代では、
普通に暮していると「冷え」ない方が不思議なくらい
「冷え」の要因 が、食べ物や生活周りにいっぱいです。

あなたの 生活周りの「冷え」要因を認識し
その対策を取ったり、
食べ物で身体の中、腸からあたためてあげると、

どんどん体調や気持ちが良い方向に向かいます。


そして大げさではなく
体があたたまると人生が変わります。



薬にたよらず、健康に元気に を 目指している方はぜひ、この機会に受講して下さい。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開催日時(2日間連続講座)

6月28日(水)13:00~17:00 レクチャー&実習、ゆっくり食事
  「冷え」の要因についてのレクチャー、そして実際に料理をつくる実習をすることで、
  より理解が深まり、日常で簡単にあたため料理ができる様になります。

6月29日(木)13:00~17:00 レクチャー&実習、ゆっくり食事
   受講される方お一人お一人の「冷え」の要因を探り、普段の生活に役立つアドバイスを交えます。


講座のポイント

・レクチャーで冷えとあたための基礎知識を学んでいきます。
・実際にあたため料理を実習、調理します。
・実際に食べて、体の深部からあたたまるのを実感していただきます。
・お料理初心者にも「たなか れいこ的 料理」のきほんがちょっと学べるお得な講座です。

 *お料理の経験がない方、男性も大歓迎。少人数制ですので、お一人ずつフォローいたします。



講座費用

¥30,000/2日間 (税別・入会金不要)

 *講座費用には、受講料の他、食材・調味料・水等、調理に必要な費用一式が含まれます。
 *講座で使用します野菜は無農薬無肥料栽培のものを基本に、
  その他使用します全ての食材は厳選された物を使用します。



定員:8名 

  *最近は、顔や頭に大汗をかく 男性の かくれ冷えの方も多い様です。男性の受講も大歓迎です。
  *年齢・性別を問いません。


場所

南青山7-9-3 食のギャラリー612 地図



申し込みフォームへ



「たべるクリニック」 とは・・・


612食べ物教室レギュラー講座とは別に
薬にたよらず、食べ物で体を立て直す目的の方の
ための、短期講座です。
その趣旨は、以下のような考えに基づきます。




私たちの体は、食べ物や食べ方をちょっと工夫すると、
その瞬間からどんどん 良い方向=自然治癒力 に向かいます。

しかし、今日では、ただ 漫然と食べ物を選んでいたり
又、知識だけで食べ物を選んでいると
本来の私たちの体、生理に合わないことがあります。


貧血気味で検査したところ…
『数値的に鉄分が足りないから、レバーやほうれん草を食べよう』

というのは…

一見、薬にたよっていない様ですが
私たちの体のとらえ方としては、
どこが悪いから、それにキク(効能)、コレ(薬)を食べるという方法、
それは私達の体全体を見ていない事になります。

もっと根本的な
私達の体の生理に合った食べ物を 選び、食べると、
体全体をととのえ、不調なども回復していきます。


当講座ではたなかれいこといっしょにみんなで調理します。

ご参加者は、お手伝いしながら、
体を立て直す料理の仕方や素材の事を学び

出来上がった「体を回復させる食べ物」をゆっくり召しあがっていただきます。
体の内からととのえ、食べ物の力で回復させていきます。


私たちの体は、全て繋がりを持ってひとつです。

体全体を食べ物でととのえ回復させる事は、
私たちの体にとって、ストレスのない自然なことなのです。 

自然の道理で食べ物に向かうと、肩の力がぬけ、
楽に体を回復することが出来る様になります。

疲れや冷えを感じたら、ちょっと弱っているなと感じたら、

食べ物で修復しておくのが良いでしょう。


すでに病気の症状が出ている方も
いつからでも体を立て直すことができます。




ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)
12:01 |  trackback: -- | comment: -- | edit



info-farm1704.jpg


らしい陽射しの日が多くなってくると、そわそわしてしまいます。
蓼科の612ファーム、農閑期の11月からずっと放置されたままですが
人間が訪れなくても、畑の上で中で生き物達はどっこい生きて活動しています。

私たちが留守でも、草を始めとした植物、微生物、昆虫、
そして多分、鹿やタヌキ、雉などがうごめいて
生命の営み
が行われていたことは確実。

最近も蓼科に雪が降ったらしいのですが
生き物達は確実に春の用意をしているに違いありません。
自然にそって行う612ファームの種まきは5月から6月末の間です。
5月の末までは霜が降りる事もあるので
あまり早く蒔いても結局ダメになってしまいます。

春の612ファームは、
昨年にみんなで組み立てたハウスにビニールを張る予定です。
このハウスは近年、種を蒔いても少し成長したところで
鹿の食事になってしまっているようで、さっぱりでしたので
ビニールハウスの中で育て、
ハウスの骨格で鹿の侵入を防ぐ手立てをするためのものです。

なるべく石油からの物は使いたくないのですが、ビニールを何年も使い
ゴミを出さないようにして折衷策としています。
その他は肥料も農薬も使いません。(肥料も農薬も石油から作られます。)

二日目、森では
今年のための焚き木拾いやブッシュを刈るかもしれません。

いずれにしてもお天気次第ですので予定は変更になることがあります。

今年の「畑と森のたべもの教室」の開催は例年より少なくなります。
これは私たちでじっくり畑と森に向き合う時間が欲しいからです。
多分次回は9月か10月になると思います。

春が遅い蓼科高原は、
枯れ草に覆われているかもしれません、桜が咲く時かもしれません。

いずれにしても、芽吹き時のもこもこしてくる土や植物たちのエネルギーが溢れています。
そこにいるだけで気持ちが良く、元気になります。

おまけに612の美味しいごはんをみんなでつくってゆっくりいただきます。

どうぞこの季節の蓼科高原を満喫しにいらしてください。

たなか れいこ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

612FarmmingClub「畑と森のたべもの教室」とは… click!


開催日:4月29日(土)11:00~17:30(頃)
      4月30日(日) 7:00~14:30(頃)


タイムテーブルは、お申込みの方に後日お知らせをさせていただきます。


場所:<29日(土)>蓼科612ファーム・<30日(日)>森のコレカラハウス(茅野市北山)
    現地集合・現地解散・雨天決行

参加費(1名様分料金・税別)
  2日間    ¥17,500(一般)/¥17,000(メンバー)

*612教室メンバー、612コレクションメンバー、その同行されるご家族・ご友人はメンバー価格となります。
*お子さまのご参加料金は、1~3才未満50%、3才以上未就学児 80%、小学生以上は100%です


ご参加費には、食事なども含まれます。

お食事時のアルコール・飲み物・水は各自ご持参下さい。(徒歩圏内にコンビニはございません)

定員:20名(両日共最少遂行人員5名)


申し込みフォームへ お申込み締め切り:4月21日(金)


ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。



畑と森のたべもの教室の様子です。



-- 交通のご案内 --
13:29 |  trackback: -- | comment: -- | edit



info-kihon-spring.jpg


春 編


春の身体に合った素材や調味料を使って

春においしくすこやかな料理を 2日間たっぷりつくりながら

たなかれいこ的きほん を 体験して 学んでいく講座です。



たなかれいこ的 料理のきほん
普通の常識とはちょっとちがいます。

たとえば
「砂糖・酒・みりんは使わない」
これは使わない方が、ダンゼンおいしいから。

「油を上手に使う」
油は人間の生理に必要な物質です。オメガ3系、オメガ6系などの油を
知って、生かしてたっぷり使うとおいしく健康になります。

「包丁を楽しく使う」
包丁はトントンと切るのではなく、スースーと使うと切っている人も気持ち良く、
切られた素材もおいしく仕上がります。


などなど、
たなかれいこ的 料理のきほんは、
実際に料理する時に、楽しくおいしく、
そして健康になるきほんです。

これは一生の宝物となるでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開催日時(2日間連続講座)

4月22日(土)13:00~17:00 レクチャー&実習、ゆっくり食事
 
4月23日(日)13:00~17:00 レクチャー&実習、ゆっくり食事
  


講座のポイント

・レクチャーで「きほん」のいろはを学んでいただけます。

・野菜の洗い方、長持ちさせる保存方法などのきほんから学んでいただけます。

・実際に春の料理を実習・調理します。

・実際に食べて「きほん」を実感していただきます。

・「きほん」を学びながら、体も上向きになっておなかも喜ぶお得な講座です。


 *お料理の経験がない方、男性も大歓迎。少人数制ですので、お一人ずつフォローいたします。



講座費用

¥30,000/2日間 (税別・入会金不要)

 *講座費用には、受講料の他、食材・調味料・水等、調理に必要な費用一式が含まれます。
 *講座で使用します野菜は無農薬無肥料栽培のものを基本に、
  その他使用します全ての食材は厳選された物を使用します。



定員:8名



場所

南青山7-9-3 食のギャラリー612 地図



申し込みフォームへ




ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)
00:00 |  trackback: -- | comment: -- | edit


満席のためお申込み受付終了しました(12/14)

atatame1.jpg



「食べもので体のなかから」
今、
腸 か ら あ た た め る と
調 子 が 上 向 き に。


腸をあたため、体の調子をととのえる講座



寒い冬は 細胞が縮こまって
いつにも増して血流も悪くなり冷えの悪循環。

そこで食べ物で腸からあたためると
体全体があたたまり調子もよくなります。

腸は免疫 を司っているところ。

花粉症アレルギー がある方も
この時期に腸からあたため体質を改善すると効果的です。

当講座では、
食べもので 体をあたためる料理
たなかれいこと いっしょに実習していただき
出来上がったらゆっくり召し上がって

体をあたためる を実感していただきます。


その上、お料理初心者にも 「たなか れいこ的 料理」 のきほんが
ちょっと学べるお得な講座です。


 *お料理の経験がない方、男性も大歓迎。
  少人数制ですので、お一人ずつフォローいたします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開催日時

1月22日(日)13:00~16:30
 


講座費用

¥13,000(税別・入会金不要)

 *講座費用には、受講料の他、食材・調味料・水等、調理に必要な費用一式が含まれます。
 *講座で使用します野菜は無農薬無肥料栽培のものを基本に、
  その他使用します全ての食材は厳選された物を使用します。



定員:8名  満席

  *最近は、顔や頭に大汗をかく 男性の かくれ冷えの方も多い様です。男性の受講も大歓迎です。
  *年齢・性別を問いません。

場所

南青山7-9-3 食のギャラリー612 地図



申し込みフォームへ 受付終了しました


「たべるクリニック」 とは・・・

612食べ物教室レギュラー講座とは別に
薬にたよらず、食べ物で体を立て直す目的の方の
ための、短期講座です。
その趣旨は、以下のような考えに基づきます。



私たちの体は、食べ物や食べ方をちょっと工夫すると、
その瞬間からどんどん 良い方向=自然治癒力 に向かいます。

しかし、今日では、ただ 漫然と食べ物を選んでいたり
又、知識だけで食べ物を選んでいると
本来の私たちの体、生理に合わないことがあります。


貧血気味で検査したところ…
『数値的に鉄分が足りないから、レバーやほうれん草を食べよう』

というのは…

一見、薬にたよっていない様ですが
私たちの体のとらえ方としては、
どこが悪いから、それにキク(効能)、コレ(薬)を食べるという方法、
それは私達の体全体を見ていない事になります。

もっと根本的な
私達の体の生理に合った食べ物を 選び、食べると、
体全体をととのえ、不調なども回復していきます。

体を立て直す料理の仕方や素材の事を学び

出来上がった「体を回復させる食べ物」をゆっくり召しあがっていただきます。
体の内からととのえ、食べ物の力で回復させていきます。


私たちの体は、全て繋がりを持ってひとつです。

体全体を食べ物でととのえ回復させる事は、
私たちの体にとって、ストレスのない自然なことなのです。 

自然の道理で食べ物に向かうと、肩の力がぬけ、
楽に体を回復することが出来る様になります。

疲れや冷えを感じたら、ちょっと弱っているなと感じたら、

食べ物で修復しておくのが良いでしょう。


すでに病気の症状が出ている方も
いつからでも体を立て直すことができます。




ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)

22:45 |  trackback: -- | comment: -- | edit



満席のためお申込み受付終了しました(12/27)

atatame2.jpg



体 が あ た た ま る と

人 生 が 変 わ り ま す




「冷え」 を甘く見ていたり、「冷え」 ていることの自覚がない人でも

確実に「冷え」の影響は受けています。


たとえば…

気持ちが落ち着かなかったり、ちょっとしたことでもストレスを感じたり、
周りの人とうまくコミュニケーションがとれなかったり…


という心模様「冷え」は表れます。


また、身体では

頭痛、便秘、下痢、肩コリ、自律神経失調症、ひん尿、疲れやすい、
アレルギー、肌荒れ、不眠、腰痛、婦人科系疾患(生理不順・
子宮筋腫・卵巣のう腫・不妊症等)などから、もっと重大なガンなど


「冷え」関係しています。



現代では、
普通に暮していると「冷え」ない方が不思議なくらい
「冷え」の要因 が、食べ物や生活周りにいっぱいです。

あなたの 生活周りの「冷え」要因を認識し
その対策を取ったり、
食べ物で身体の中、腸からあたためてあげると、

どんどん体調や気持ちが良い方向に向かいます。


そして大げさではなく
体があたたまると人生が変わります。



薬にたよらず、健康に元気に を 目指している方はぜひ、この機会に受講して下さい。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開催日時(2日間連続講座)

2月11日(土)13:00~17:00 レクチャー&実習、ゆっくり食事
  「冷え」の要因についてのレクチャー、そして実際に料理をつくる実習をすることで、
  より理解が深まり、日常で簡単にあたため料理ができる様になります。

2月12日(日)13:00~17:00 レクチャー&実習、ゆっくり食事
   受講される方お一人お一人の「冷え」の要因を探り、普段の生活に役立つアドバイスを交えます。


講座のポイント

・レクチャーで冷えとあたための基礎知識を学んでいきます。
・実際にあたため料理を実習、調理します。
・実際に食べて、体の深部からあたたまるのを実感していただきます。
・お料理初心者にも「たなか れいこ的 料理」のきほんがちょっと学べるお得な講座です。

 *お料理の経験がない方、男性も大歓迎。少人数制ですので、お一人ずつフォローいたします。



講座費用

¥30,000/2日間 (税別・入会金不要)

 *講座費用には、受講料の他、食材・調味料・水等、調理に必要な費用一式が含まれます。
 *講座で使用します野菜は無農薬無肥料栽培のものを基本に、
  その他使用します全ての食材は厳選された物を使用します。



定員:8名 満席

  *最近は、顔や頭に大汗をかく 男性の かくれ冷えの方も多い様です。男性の受講も大歓迎です。
*年齢・性別を問いません。


場所

南青山7-9-3 食のギャラリー612 地図



申し込みフォームへ



「たべるクリニック」 とは・・・


612食べ物教室レギュラー講座とは別に
薬にたよらず、食べ物で体を立て直す目的の方の
ための、短期講座です。
その趣旨は、以下のような考えに基づきます。




私たちの体は、食べ物や食べ方をちょっと工夫すると、
その瞬間からどんどん 良い方向=自然治癒力 に向かいます。

しかし、今日では、ただ 漫然と食べ物を選んでいたり
又、知識だけで食べ物を選んでいると
本来の私たちの体、生理に合わないことがあります。


貧血気味で検査したところ…
『数値的に鉄分が足りないから、レバーやほうれん草を食べよう』

というのは…

一見、薬にたよっていない様ですが
私たちの体のとらえ方としては、
どこが悪いから、それにキク(効能)、コレ(薬)を食べるという方法、
それは私達の体全体を見ていない事になります。

もっと根本的な
私達の体の生理に合った食べ物を 選び、食べると、
体全体をととのえ、不調なども回復していきます。


当講座ではたなかれいこが主に調理します。

ご参加者は、お手伝いしながら、
体を立て直す料理の仕方や素材の事を学び

出来上がった「体を回復させる食べ物」をゆっくり召しあがっていただきます。
体の内からととのえ、食べ物の力で回復させていきます。


私たちの体は、全て繋がりを持ってひとつです。

体全体を食べ物でととのえ回復させる事は、
私たちの体にとって、ストレスのない自然なことなのです。 

自然の道理で食べ物に向かうと、肩の力がぬけ、
楽に体を回復することが出来る様になります。

疲れや冷えを感じたら、ちょっと弱っているなと感じたら、

食べ物で修復しておくのが良いでしょう。


すでに病気の症状が出ている方も
いつからでも体を立て直すことができます。




ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)
22:45 |  trackback: -- | comment: -- | edit



お申込み受付終了いたしました。

IMG_4571 (640x480)



10月末の蓼科高原は紅葉真っ盛りのはず

標高1000メートルの612ファームは、すっかり秋が深まっていきます。


鹿さん対策ができていないので、8月が蒔き時の秋冬の大根や小松菜、白菜の種を

蒔くのはやめにしましたので野原なファームです。


鹿さんに食べられたりでほんの少ししか残っていない紫花豆の収穫期ですので

収穫して干す作業をしようかしらと計画しています。


花豆は干して貯蔵します。一部は来年の種になります。

花豆のツルをはずして棚をすっかりきれいにして来年に備えます。


日没が早くなってきますが、みんなで料理をしてゆっくり食べましょう。


ぜんぜん料理ができない人でも大丈夫、 みんなでつくるので心配ご無用です。

デザートまでたっぷり食べたら、みんなでかたづけもします。

わいわいとみんなでするとかづけも楽しい!ものです。


2日目は森で。

ぐっと冷え込みが増してきていると思いますので、

あたたかくして楽しみましょう。


前回、雨でできなかった木々の間の食事場所の

整備などをする予定です。


いずれにしても天候などのこともありますから、おおざっぱな予定です。

2日目もかんたんアウトドア料理で美味しい食事を楽しんでください。


たなか れいこ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

612FarmmingClub「畑と森のたべもの教室」とは… click!


開催日:10月29日(土)11:00~17:30(頃)
      10月30日(日) 7:00~14:30(頃)


*タイムテーブル* だいたいの目安です。予定は変更になる場合があります。

(1日目)
11:00 畑に集合、さっそくブランチタイム
12:00 ファーミング作業
13:00 ソーダブレッドでおやつ
14:00 みんなでごはん作り&Supperをたっぷり食べます
16:30 後片付け
17:30 解散(延長する場合があります)

(2日目)
7:00 森に集合、お湯を飲んでお腹をあたためます
7:30 軽い体操、そして森から里へ1時間程散歩
9:00 朝粥を食べて、「たなかれいことの問答をゆっくり」
10:00 森での作業
11:00 みんなでごはん作り&お昼ごはん
13:30 後片付け
14:30 解散(延長する場合があります)

場所:<29日(土)>蓼科612ファーム・<30日(日)>森のコレカラハウス(茅野市北山)
    現地集合・現地解散・雨天決行

参加費(1名様分料金・税別)
  2日間    ¥17,500(一般)/¥17,000(メンバー)
  土曜のみの方 ¥11,500(一般)/¥11,000(メンバー)

*612教室メンバー、612コレクションメンバー、その同行されるご家族・ご友人はメンバー価格となります。
*お子さまのご参加料金は、1~3才未満50%、3才以上未就学児 80%、小学生以上は100%です


ご参加費には、食事なども含まれます。

お食事時のアルコール・飲み物・水は各自ご持参下さい。(徒歩圏内にコンビニはございません)

定員:20名(両日共最少遂行人員5名)


申し込みフォームへ お申込み締め切り:10月19日(水)


ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。



畑と森のたべもの教室の様子です。



-- 交通のご案内 --
17:21 |  trackback: -- | comment: -- | edit



お申込み受付終了しました(9/20)
info-clinic1610_20160913195123591.jpg



蓼科高原で3日間、ゆっくり食べものに向き合い

体 と 心 のオーバーホールをしませんか。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

お散歩や たなかれいこが普段から実践している体操もします。

畑の草の上でのお昼寝も大事。


みんなで実際に料理をしますので、「たなかれいこ的料理」も

出来るようになり、食べ物と私達の体との関係も知れ、

気がつけば体が軽く元気になっているはず。


少人数ですので、お一人おひとりにも

たなかれいこの目が行き届きます。


食べものの力、大地の力、木々の力を充分にいただきながら

私達の体もまた自然の一部ですので

呼応して、体と心の立て直しができるという塩梅です。


たなか れいこ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*どなたでもご参加いただけます。

*通常の「畑と森のたべもの教室」とは異なります。
体と心のオーバーホールのための講座です。

*東京での8日間集中講座「自分の体を見つめる講座」での
体のオーバーホールへのアプローチとは異なります。
より、どなたでもお気軽にご参加いただけるようになっています。

*体をオーバーホールする食事を夕食にもりもりたっぷり召し上がっていただきます。
それまでは、体をととのえる葛練りや老廃物を排出してくれる三年番茶をご用意しています。



●開催日:10月8日(土)~10日(月・祝)

*タイムテーブル*
だいたいの目安です。予定は変更になる場合があります。

(8日)
11:00 集合・ガイダンス
     (葛練りとお茶)
12:00 お昼寝
12:30 たなかれいこが実践するかんたんな体操で体をほぐしましょう
13:00 畑と親しむ
14:00 食べものと体のこと、本日の献立のことのお話し
15:00 料理始め
16:30 食べ始め~キャンドル点灯~
18:00 後かたづけ(お茶)
19:00 解散

(9日)
9:00 森に集合、お湯を飲んでお腹をあたため、軽い体操
10:00 散歩
11:30 お粥
12:30 昼寝
13:00 森と親しむ
14:00 おやつ(葛練りとお茶)
15:00 食べものと体のこと、本日の献立のことのお話し
15:30 料理始め
17:00 食べ始め~キャンドル点灯~
18:00 後かたづけ
19:00 解散

(10日)
7:00 森に集合、お湯を飲んでお腹をあたため、軽い体操
8:00 散歩
9:00 食べものと体のこと、本日の献立のことのお話し
9:30 料理始め
11:00 食べ始め
12:30 後かたづけ
13:30 解散

 *雨天の場合は畑のビニールハウスのことも、小雨の場合は予定通り

 *よりよい体のオーバーホールを図るため、期間中アルコールはお控えください。


●場所:蓼科612ファーム・森のコレカラハウス(茅野市北山)
    現地集合・現地解散・雨天決行


●参加費:¥55,000(1名様分料金・税別)
 *ご参加費には、宿泊代・現地までの交通費はは含まれません。
  ご宿泊は、各自直接宿泊施設へご予約下さい。
 
↓近隣の宿泊施設

<612ファームより徒歩圏で便利です。>
●VILLA B&B HOTEL http://www.maroon.dti.ne.jp/villa/

<612ファームより徒歩圏でペット可の宿です。>
●Rose Cottage http://suwa-net.com/alkroad/

<612ファームより車で3分。部屋数が多く予約が取りやすい温泉付きホテルです。>
●リゾートホテル蓼科 http://resort-hotel-tateshina.jp/


●定員:8名


申し込みフォームへ お申込み受付終了しました


ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。



19:55 |  trackback: -- | comment: -- | edit


お申込み受付終了いたしました


IMG_4348 (640x480)


蓼科高原の秋は一足早く訪れます。

数年前に比べるとめっきり数は減りましたが、
612ファームの上には赤とんぼが飛んできます。
不思議なのは近所の畑には姿が見えず、612ファームのあたりに集中します。

農薬はもちろん有機肥料さえ使わない、自然任せ、放任主義農法の畑ですが
人間があれこれ手を入れないほうが、自然の循環がうまく行くのではと思っています。

ただ、最近は春に種を蒔いてもその後がない、育たないどころか姿が見えない状態で、
これはどうも鹿さんが612ファームをレストランとしているらしいことが
その落し物からわかってきました。
それと小さないぶし金色の虫も結構食べている。

で、撒き直した花豆が順調かと思われた矢先、鹿さんがまたお召し上がりでした。
通いのファーミングなので留守に 何が起きてもしょうがない。

こんな状況ですから、畑にはほぼ何もない、草っ原状態です。
でも、畑の教室は開催します。

なぜって、こんな草っ原的畑にいるととっても気持ち良く
リラックスをしてエネルギーを畑からもらえ元気になるからです。

それに外でみんなでつくるごはんは格別に美味しいのですもの。

2日目の森も最近、木が伐採されたりと殺風景になりましたが、
どっこい生き残っている木々の真ん中にいると畑とは違う気持ち良さに満たされます。
ちょうど寒くも、暑くもないこの初秋の「畑と森のたべもの教室」は
ほかでは味わえない楽しみです。

初めても方もすぐに打ち解けるのもお外ならでは。
どうぞ、秋の休日を蓼科高原にいらしてください。


たなか れいこ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

612FarmmingClub「畑と森のたべもの教室」とは… click!


開催日:9月17日(土)11:00~17:30(頃)
      9月18日(日) 7:00~14:30(頃)


*タイムテーブル* だいたいの目安です。予定は変更になる場合があります。

(1日目)
11:00 畑に集合、さっそくブランチタイム
12:00 ファーミング作業
13:00 ソーダブレッドでおやつ
14:00 みんなでごはん作り&Supperをたっぷり食べます
16:30 後片付け
17:30 解散(延長する場合があります)

(2日目)
7:00 森に集合、お湯を飲んでお腹をあたためます
7:30 軽い体操、そして森から里へ1時間程散歩
9:00 朝粥を食べて、「たなかれいことの問答をゆっくり」
10:00 森での作業
11:00 みんなでごはん作り&お昼ごはん
13:30 後片付け
14:30 解散(延長する場合があります)

場所:<17日(土)>蓼科612ファーム・<18日(日)>森のコレカラハウス(茅野市北山)
    現地集合・現地解散・雨天決行

参加費(1名様分料金・税別)
  2日間    ¥17,500(一般)/¥17,000(メンバー)
  土曜のみの方 ¥11,500(一般)/¥11,000(メンバー)

*612教室メンバー、612コレクションメンバー、その同行されるご家族・ご友人はメンバー価格となります。
*お子さまのご参加料金は、1~3才未満50%、3才以上未就学児 80%、小学生以上は100%です


ご参加費には、食事なども含まれます。

お食事時のアルコール・飲み物・水は各自ご持参下さい。(徒歩圏内にコンビニはございません)

定員:20名(両日共最少遂行人員5名)


申し込みフォームへ お申込み締め切り:9月7日(水)


ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。



畑と森のたべもの教室の様子です。



-- 交通のご案内 --
18:56 |  trackback: -- | comment: -- | edit