FC2ブログ

612のインフォブログ

たなかれいこ が南青山で主宰する ”食のギャラリー612” のインフォメーションブログです



てるこや1907



95歳の母、照子の所へ月に一度通っています。

その合間に母の家でお話中心の教室を不定期に開催いたします。

昭和レトロな普通の住宅ですので、東京の教室のようにいきませんが
少人数でひざを交えての濃い中身にしていきたいと思っています。

お話しが中心ですが、関連した食べ物も試食していただきます。


第4回  テーマ 「冷えを改善するには」

冷えの要因になっている食べもの、生活まわりのことを知ると
自然と少しずつ冷えない身体になっていきます。

あなたのその習慣、好きなものが冷えの元かもしれません。

冷えが改善されて、お腹からあたたまってくると
お肌の調子も良くなり、いつのまにか頭痛や生理痛がなくなっていきます。

冷えを放っておくと、やがて重大疾病の道を歩むことに。

特に北海道は、冷えに気をつけなければならない寒冷地です。

この機会にぜひお話しを聞いて、あたため生活にシフトしてください。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開催日時

7月3日(水)14:00~15:30 


参加費用

¥4,200(税別)

 *天然水を使用して土瓶で入れた有機三年番茶とオリジナルのおやつが付きます。


場所

てるこや@さっぽろ
最寄駅:地下鉄南北線 澄川駅から 徒歩15分 タクシーワンメーター

 *お申込み後、詳しい場所、道順をお知らせいたします。


定員:5名 


お申込み方法 

下記をクリックしていただき、お申込みフォーマットにご入力の上、お申込みください。

 *参加費用は当日ご持参ください。
 *お申込み後のキャンセルはお受けできません。
 *当日不参加の場合でも参加費用はお支払いいただきます。あらかじめご了承ください。

申し込みフォームへ



ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp

16:43 |  trackback: -- | comment: -- | edit



totonoeru1905-1.jpg




あなたは 座って たべるだけ



体をととのえるようにプログラミングされた美味しい料理をたべるだけで、

たべ終わる頃には変化を感じていただけるはず。


私たちの体はたべたものでできています。


何をどうたべるかで体がととのい、

心も安定してきます。


2日間しっかり、ととのえる食事をしていただくことで

体調が上向きになります。

たべるだけですが、体をととのえる料理がわかってきますので

少しずつご自分で料理ができるようになります。


また、今日では知らずにたべているもの、健康に良いと思っている物が

体調を崩し、やがて病気への道を歩むことになりますから、

何をさけると良いか、何をとると良いかの、

そして私たちの体の仕組みなどの講義もしっかりあります。



「こんな人にオススメ」

   今、不調を抱えている人、

  もっと良いパフォーマンスをしたいと思っている人

  妊娠を望んでいる人

  漠然と不安感がある人

  薬をやめたいと思っている人




たべるクリニックとは…● click!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開催日時

5月22日(水)・23日(木)  19:00~22:00


タイムテーブル

 19:00  レクチャー

 20:15  食事タイム

     たなかれいこが料理をする、エネルギーに満ちた食事プログラムの美味しい
     食事をゆっくり召し上がっていただきます。


 22:00  終了

     *両日共同じ時間割になります。



   基本は2日間の講座になります。
   1日だけご参加ご希望の場合は一旦お申込みいただき
   空席がある場合に受講のご案内をさせていただきます。




講座費用

¥38,000(税別・入会金不要)/2日間
 
 *1日のみご受講の場合は、¥20000(税別)とさせていただきます。
 *講座で使用します野菜は無農薬無肥料栽培のものを基本に、
  その他使用します全ての食材は厳選された物を使用します。



定員:8名 

  *年齢・性別を問いません。


場所

南青山7-9-3 食のギャラリー612 地図



申し込みフォームへ 受付終了しました


「たべるクリニック」 とは・・・

612食べ物教室レギュラー講座とは別に
薬にたよらず、食べ物で体を立て直す目的の方の
ための、短期講座です。
その趣旨は、以下のような考えに基づきます。



私たちの体は、食べものや食べ方をちょっと工夫すると、
その瞬間からどんどん 良い方向=自然治癒力 に向かいます。

しかし、今日では、ただ 漫然と食べものを選んでいたり
又、知識だけで食べものを選んでいると
本来の私たちの体、生理に合わないことがあります。


貧血気味で検査したところ…
『数値的に鉄分が足りないから、レバーやほうれん草を食べよう』

というのは…

一見、薬にたよっていない様ですが
私たちの体のとらえ方としては、
どこが悪いから、それにキク(効能)、コレ(薬)を食べるという方法、
それは私達の体全体を見ていない事になります。

もっと根本的な
私達の体の生理に合った食べものを 選び、食べると、
体がととのい、不調なども回復していきます。

「体を回復させる食べもの」をゆっくり召しあがっていただきます。
体の内からととのえ、食べものの力で回復させていきます。


私たちの体は、全て繋がりを持ってひとつです。

体全体を食べものでととのえ回復させる事は、
私たちの体にとって、ストレスのない自然なことなのです。 

自然の道理で食べものに向かうと、肩の力がぬけ、
楽に体を回復することが出来る様になります。

疲れや冷えを感じたら、ちょっと弱っているなと感じたら、

食べもので修復しておくのが良いでしょう。


すでに病気の症状が出ている方も
いつからでも体を立て直すことができます。




ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)

13:17 |  trackback: -- | comment: -- | edit



info-1nen.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お料理はニガ手、まったく料理はしたことがない。

という人にも楽しんでいただける講座です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




『 こんな人むきです。 』


まったく料理は初めての人

男子でもこれから自分で料理をつくってみたいという人

自分が作る料理が美味しくないと思っている人

自炊したいけれど料理ベタだから、と思っている人

普段の料理をもっとカンタンにしたいと考えている人






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開催日時

4月21日(日)13:00~17:00


<タイムスケジュール>

13:00~13:50
 レ ク チ ャ ー

 きほんの調味料「塩、醤油、オイル、ビネガー」の選び方、料理のどう使うのか


14:00~16:15
 実 技

 4~5品の献立とご飯を たなか れいこと一緒に料理をします。

 ▼ 実際に料理をしながら以下のきほん的なことを学びます。

    野菜の洗い方、しまい方
    出汁の簡単なとり方
    気持ち良い、効率的な包丁の使い方
    フタをして加熱をする蒸し煮、蒸し炒め、の仕方
    クッキングシートの活用法


16:15~17:00
 会 食





講座費用

¥14,000(税別・入会金不要)

 *講座費用には、受講料の他、食材・調味料・水等、調理に必要な費用一式が含まれます。
 *講座で使用します野菜は無農薬無肥料栽培のものを基本に、
  その他使用します全ての食材は厳選された物を使用します。




定員:8名 

  *年齢・性別を問いません。



場所

南青山7-9-3 食のギャラリー612 地図



申し込みフォームへ 受付終了いたしました



ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)



18:49 |  trackback: -- | comment: -- | edit



あたため19冬2




「食べもので体のなかから」

心が、
ザワザワ したり イライラ しているのは
が 冷 え て い る か ら


腸から食べものであたたまると、心も落ち着き、体も整っていきます。



寒い冬は 細胞が縮こまって
いつにも増して血流も悪くなり冷えの悪循環。

そこで食べ物で腸からあたためると
体全体があたたまり調子もよくなります。

腸は免疫 を司っているところ。

花粉症アレルギー がある方も
この時期に腸からあたため体質を改善すると効果的です。

当講座では、始めにレクチャーで、冷えるとどうなるか、冷える要因は何か、
日常の生活でどう改善していけばよいか を たっぷり学ぶことができます。
また、食べもので 体をあたためる料理
たなかれいこと いっしょに実習していただき
出来上がったらゆっくり召し上がって

体をあたためる を実感していただきます。


その上、お料理初心者にも 「たなか れいこ的 料理」 のきほんが
ちょっと学べるお得な講座です。


 *お料理の経験がない方、男性も大歓迎。
  少人数制ですので、お一人ずつフォローいたします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開催日時

1月20日(日)13:00~16:30 終了

2月10日(日)13:00~16:30
 

 *両日ご参加の連続講座ではありません。


講座費用

¥14,000(税別・入会金不要)

 *講座費用には、受講料の他、食材・調味料・水等、調理に必要な費用一式が含まれます。
 *講座で使用します野菜は無農薬無肥料栽培のものを基本に、
  その他使用します全ての食材は厳選された物を使用します。



定員:8名 

  *最近は、顔や頭に大汗をかく 男性の かくれ冷えの方も多い様です。男性の受講も大歓迎です。
  *年齢・性別を問いません。

場所

南青山7-9-3 食のギャラリー612 地図



申し込みフォームへ


「たべるクリニック」 とは・・・

612食べ物教室レギュラー講座とは別に
薬にたよらず、食べ物で体を立て直す目的の方の
ための、短期講座です。
その趣旨は、以下のような考えに基づきます。



私たちの体は、食べものや食べ方をちょっと工夫すると、
その瞬間からどんどん 良い方向=自然治癒力 に向かいます。

しかし、今日では、ただ 漫然と食べものを選んでいたり
又、知識だけで食べものを選んでいると
本来の私たちの体、生理に合わないことがあります。


貧血気味で検査したところ…
『数値的に鉄分が足りないから、レバーやほうれん草を食べよう』

というのは…

一見、薬にたよっていない様ですが
私たちの体のとらえ方としては、
どこが悪いから、それにキク(効能)、コレ(薬)を食べるという方法、
それは私達の体全体を見ていない事になります。

もっと根本的な
私達の体の生理に合った食べものを 選び、食べると、
体全体をととのえ、不調なども回復していきます。

体を立て直す料理の仕方や素材の事を学び

出来上がった「体を回復させる食べもの」をゆっくり召しあがっていただきます。
体の内からととのえ、食べものの力で回復させていきます。


私たちの体は、全て繋がりを持ってひとつです。

体全体を食べものでととのえ回復させる事は、
私たちの体にとって、ストレスのない自然なことなのです。 

自然の道理で食べものに向かうと、肩の力がぬけ、
楽に体を回復することが出来る様になります。

疲れや冷えを感じたら、ちょっと弱っているなと感じたら、

食べもので修復しておくのが良いでしょう。


すでに病気の症状が出ている方も
いつからでも体を立て直すことができます。




ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)

14:04 |  trackback: -- | comment: -- | edit



terukoya181024.jpg


95歳の母、照子の所へ月に一度通っています。

その合間に母の家でお話中心の教室を不定期に開催いたします。

昭和レトロな普通の住宅ですので、東京の教室のようにいきませんが
少人数でひざを交えての濃い中身にしていきたいと思っています。

お話しが中心ですが、関連した食べ物も試食していただきます。


第2回  テーマ 「 醤油 」

本来の醤油の作り方

醤油とはどんなもの?

本醸造された醤油にはバラやバニラ、ヒヤシンスなど
多様な香りを有し、味も複雑で美味しく、おまけに健康のベース。

そんな醤油のお話をいっぱいと、
味わうのが一番の勉強ですから
実際に新著P49にご紹介しております
「玉ねぎひたすら炒めご飯にのっけ」を召し上がって
醤油の実力を体験していただきます。

IMG_8532 (640x480)
「腸からあたたまる たなかれいこ的 料理のきほん」P48・49 撮影:長野陽一氏



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開催日時

10月24日(水)14:00~16:00 


参加費用

¥4,200(税別)

 *無農薬無肥料栽培の5分搗き米を天然水を使用し土鍋で炊き上げたご飯と玉ねぎひたすら炒め
 *天然水を使用し土瓶で煮出した有機三年番茶


場所

てるこや@さっぽろ
最寄駅:地下鉄南北線 澄川駅から 徒歩15分 タクシーワンメーター

 *お申込み後、詳しい場所、道順をお知らせいたします。


定員:5名 


お申込み方法 

下記をクリックしていただき、お申込みフォーマットにご入力の上、お申込みください。

 *参加費用は当日ご持参ください。
 *お申込み後のキャンセルはお受けできません。
 *当日不参加の場合でも参加費用はお支払いいただきます。あらかじめご了承ください。

申し込みフォームへ



ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp

13:14 |  trackback: -- | comment: -- | edit


info-mitumeru1811.jpg



おいしく食べて

食べ物の力で

たった8日間で体も心も変わる


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
短期集中・快楽講座
「自分の体を見つめる講座」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



日程:'18年11月22日(木)~29日(木) 8日間 


会場:食のギャラリー612 港区南青山7-9-3

料金:¥190,000(税別)

定員:8名  

「自分の体を見つめる講座」詳細はこちらから>>



申し込みフォームへ

*お申し込みいただきました後、講座料金のお振込先をご案内致します。
*一旦お支払いいただきました講座料金は、ご受講者のご都合によるキャンセル の場合でもお返しできませんこと、あらかじめご了承下さい。 


ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:火~金(12:00~19:00) 定休日:日・月・祝祭日)


17:17 |  trackback: -- | comment: -- | edit



kihon1809.jpg



「腸からあたたまる たなかれいこ的 料理のきほん」
新著 出版記念



「腸からあたたまる たなかれいこ的 料理のきほん」

出版を記念して、本書に書かれている たなかれいこ的料理のきほんを

実際に体験していただく2日間連続講座です。


たなかれいこ的 料理のきほん
普通の常識とはちょっとちがいます。

たとえば

「塩・醤油・味噌だけで充分」
これらの塩っ気を料理に生かしおいしくするコツがあります。

「砂糖・酒・みりんは使わない」
これは使わない方が、ダンゼンおいしいから。
白バルサミコ、バルサミコ、アップルビネガーを上手に使うと
深い味わいを引き出すことができます。

「蒸し炒めなどの加熱調理はフタをする」
どうやって火を入れると手間いらずでおいしく料理できるか。

「油をおそれずに使う」
油は人間の生理に必要な物質です。
油を知って、生かしてたっぷり使うとおいしく健康になります。

「包丁を楽しく使う」
包丁はトントンと切るのではなく、スースーと使うと切っている人も気持ち良く、
切られた素材もおいしく仕上がります。


などなど、
たなかれいこ的 料理のきほんは、
楽しくおいしく、料理にむき合える
そして 美しく、健康になるきほんです。

これは一生の宝物となるでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開催日時(2日間連続講座)

9月16日(日)13:00~17:00 レクチャー&実習、ゆっくり食事
 
9月17日(月祝)13:00~17:00 レクチャー&実習、ゆっくり食事
  


講座のポイント

・レクチャーで「きほん」のいろはを学んでいただけます。

・実際に今の素材で料理を実習・調理します。

・実際に食べて「きほん」を実感していただきます。

・「きほん」を学びながら、体も上向きになっておなか=腸も喜びあたたまるお得な講座です。


 *お料理の経験がない方、男性も大歓迎。少人数制ですので、お一人ずつフォローいたします。



講座費用

¥30,000/2日間 (税別・入会金不要)

 *講座費用には、受講料の他、食材・調味料・水等、調理に必要な費用一式が含まれます。
 *講座で使用します野菜は無農薬無肥料栽培のものを基本に、
  その他使用します全ての食材は厳選された物を使用します。



定員:8名



場所

南青山7-9-3 食のギャラリー612 地図



申し込みフォームへ



ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)
18:10 |  trackback: -- | comment: -- | edit



atatame1807.jpg



体 が あ た た ま る と
人 生 が 変 わ り ま す



今年の夏は 猛暑らしい…、
こ ん な 夏 こ そ 必 要!!

冷房、薄着、冷たい飲み物など、冬よりむしろ夏の方が冷える現代です。
夏の冷え対策は来年の春までの体調をととのえることにつながります。
夏本番前にお腹からあたたまる食べ物や冷えを回避する方法を
知っておくと、夏が楽に過ごせます。




「冷え」 を甘く見ていたり、「冷え」 ていることの自覚がない人でも

確実に「冷え」の影響は受けています。

あなたは最近、
お化粧のりが悪くなってきたとか、大人ニキビができたり、と
お肌のトラブルはありませんか?


それから…

気持ちが落ち着かなかったり、ちょっとしたことでもストレスを感じたり、
周りの人とうまくコミュニケーションがとれなかったり…


という心模様「冷え」は表れます。


また、身体では

頭痛、便秘、下痢、肩コリ、自律神経失調症、ひん尿、疲れやすい、
アレルギー、肌荒れ、不眠、腰痛、婦人科系疾患(生理不順・
子宮筋腫・卵巣のう腫・不妊症等)などから、もっと重大なガンなど


「冷え」関係しています。



現代では、
普通に暮していると「冷え」ない方が不思議なくらい
「冷え」の要因 が、食べ物や生活周りにいっぱいです。

あなたの 生活周りの「冷え」要因を認識し
その対策を取ったり、
食べ物で身体の中、腸からあたためてあげると、

どんどん体調や気持ちが良い方向に向かいます。


そして大げさではなく
体があたたまると人生が変わります。



薬にたよらず、健康に元気に、美しく を 目指している方はぜひ、この機会に受講して下さい。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


開催日時(2日間連続講座)

7月15日(日)13:00~17:00 レクチャー&実習、ゆっくり食事
  「冷え」の要因についてのレクチャー、そして実際に料理をつくる実習をすることで、
  より理解が深まり、日常で簡単にあたため料理ができる様になります。

7月16日(月・祝)13:00~17:00 レクチャー&実習、ゆっくり食事
   受講される方お一人お一人の「冷え」の要因を探り、普段の生活に役立つアドバイスを交えます。


講座のポイント

・レクチャーで冷えとあたための基礎知識を学んでいきます。
・実際にあたため料理を実習、調理します。
・実際に食べて、体の深部からあたたまるのを実感していただきます。
・お料理初心者にも「たなか れいこ的 料理」のきほんがちょっと学べるお得な講座です。

 *お料理の経験がない方、男性も大歓迎。少人数制ですので、お一人ずつフォローいたします。



講座費用

¥30,000/2日間 (税別・入会金不要)

 *講座費用には、受講料の他、食材・調味料・水等、調理に必要な費用一式が含まれます。
 *講座で使用します野菜は無農薬無肥料栽培のものを基本に、
  その他使用します全ての食材は厳選された物を使用します。



定員:8名 

  *最近は、顔や頭に大汗をかく 男性の かくれ冷えの方も多い様です。男性の受講も大歓迎です。
  *年齢・性別を問いません。


場所

南青山7-9-3 食のギャラリー612 地図



申し込みフォームへ



「たべるクリニック」 とは・・・


612食べ物教室レギュラー講座とは別に
薬にたよらず、食べ物で体を立て直す目的の方の
ための、短期講座です。
その趣旨は、以下のような考えに基づきます。




私たちの体は、食べ物や食べ方をちょっと工夫すると、
その瞬間からどんどん 良い方向=自然治癒力 に向かいます。

しかし、今日では、ただ 漫然と食べ物を選んでいたり
又、知識だけで食べ物を選んでいると
本来の私たちの体、生理に合わないことがあります。


貧血気味で検査したところ…
『数値的に鉄分が足りないから、レバーやほうれん草を食べよう』

というのは…

一見、薬にたよっていない様ですが
私たちの体のとらえ方としては、
どこが悪いから、それにキク(効能)、コレ(薬)を食べるという方法、
それは私達の体全体を見ていない事になります。

もっと根本的な
私達の体の生理に合った食べ物を 選び、食べると、
体全体をととのえ、不調なども回復していきます。


当講座ではたなかれいこといっしょにみんなで調理します。

ご参加者は、お手伝いしながら、
体を立て直す料理の仕方や素材の事を学び

出来上がった「体を回復させる食べ物」をゆっくり召しあがっていただきます。
体の内からととのえ、食べ物の力で回復させていきます。


私たちの体は、全て繋がりを持ってひとつです。

体全体を食べ物でととのえ回復させる事は、
私たちの体にとって、ストレスのない自然なことなのです。 

自然の道理で食べ物に向かうと、肩の力がぬけ、
楽に体を回復することが出来る様になります。

疲れや冷えを感じたら、ちょっと弱っているなと感じたら、

食べ物で修復しておくのが良いでしょう。


すでに病気の症状が出ている方も
いつからでも体を立て直すことができます。




ご不明な点がございましたら、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。 mail.info612@leo.interq.or.jp
お問い合わせ・お申し込みは、お電話でもどうぞ。 tel.03-3406-6128
(電話受付:12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)
18:33 |  trackback: -- | comment: -- | edit